定点観察(米国ETF)

【イタリアも貿易戦争も気にしない】米国株は、大きく上下していますが心配ありません。(6月第1週のお買い上げ米国ETF)

Pocket
LINEで送る

お疲れ様です、エフピーティーです。

今週は、米国株も日本株もイタリアの政局や鉄、アルミニウムの輸入関税(貿易戦争問題)などがあり、大きく上下動をした一週間でした。

米国も日本もイマイチな状態。このイマイチな状態こそ、米国株の購入に向いています。

米国は、株価が上がるための地ならし。

日本は、人にお願いするだけの何もできない人。

米国の指数は、程度こそあっても好調を持続していますから、今後も期待できます。

こんな時こそ、ETFを買って上昇への準備をしていきたいですね。

今週のお買い上げ米国ETF

・ドル転の金額とドル円について

今週は、15000円を137.54ドルにドル転しました。105円の時や111円の時を経験した人にとっては、とっても微妙な金額。

140ドルに到達しないのは寂しいですが、少ないわけでもなく、落ち着いた金額になっています。

ドル円も「有事の円買い」と言われていますから、イタリア政局、北朝鮮問題、貿易戦争問題などが解決しない限りは、円安は望み薄です。

長い期間で見ると、円とドルの金利差により円安傾向ですが、これだけロケットマンや、金髪〇〇野郎がブイブイ言わせると、落ち着きが無くなりますわ。

・今週のお買い上げ

今週は6月第1週ということで、【VOO】をお買い上げ。【VOO】は、アメリカのでかい企業をまとめ買い!ですから、本領の発揮はこれからと言って良いでしょう。

情報を中心とした第3時産業革命の中心企業がずらりですから。

Amazon、グーグル、Apple、フェイスブックなど、超一流企業のオールスター株式感謝祭です。

【VOO】は、今年になって買い始めたので、まだまだ6株目。それなのにすでにプラスという、2月、3月の暴落時にも買い続けた、ドルコスト平均法が役立っています

<SBI証券ホームページより>

ただ、【VOO】、1株あたり250ドルと少々買いにくい。毎月少量を買っていく自分にはとても大きな金額です。

円高のため、入金しても総資産額に大きな変化がないのが、辛い時。

辛い時こそ、「円高でドル転する」楽しさを味わっていきましょう。

楽天証券のスーパーポイント投資信託。

こちらは、2週間のオアズケ。ポイント不足による、購入不可という悲しい時間を過ごしていました。

それが、今週に入り400ポイント以上が入金

やりました!これで今週は買うことができそうです。

<楽天証券ホームページ>

どちらもプラスという、素晴らしい内容。こちらも2月、3月にも買い続けたことが、プラス圏の維持につながっています。

また、来週もポイントがありませんので放置プレイになるかもしれませんが、ポイントが来ることを祈っている次第です。

まとめ

米国は、北朝鮮への対応、ヨーロッパや中国、日本と貿易戦争になりそうな予感がひしひしと感じられます。

日本は、米国株が下がり、円高になり、関税問題で揺さぶられ、株価が全くさえません。(ほとんど、自分たちから出てきた問題ではないのに、このザマです。)

トランプさんは、中間選挙のために他国に構わず、ジャイアンモード。

ジャイアンが映画のように味方をしてくれれば、良いのですが・・・

映画は、1年に1、2度。

普段のジャイアンは、のび太くんへの攻撃です。のび太くんである日本は、ジャイアンの言いなりになりつつ、生きる道を探して行かなければなりませんね。

ジャイアンとのび太、どっちに投資します?

Pocket
LINEで送る

ABOUT ME
エフピーティー
株式投資を勉強している37歳、男です。積み立て投資と子供たちへの投資教育を実践中!