定点観察(米国ETF)

教育資金が大幅減少!しかし、今止めたら『積立投資家』にはなれません

お疲れ様です、エフピーティーです。

お盆も終わり、普段の週末。台風の影響もありましたが、楽しく過ごせた1週間になりました。

ただ、株式相場は大混乱。

<ヤフーファイナンスより>

米国株については今年1番の下げ幅を記録するなど、株式投資をしている人にとってはつらい1週間になりました。

それでは、「つらい結果?」それとも「チャンスの時期?」のどちらとも見える、3つの運用成績を見ていきましょう。

スポンサードリンク

SBI証券の米国ETF

今週のドル転

今週は、1万円を94.4ドルに両替。

<ヤフーファイナンスより>

円高も105円台まで進むなど、米国株を投資している人は、株安・円高のダブルパンチ。

言い換えれば、ドルへ両替するのに最適と言えるのかもしれません。

これ以上円高になれば、政府や日銀の動きも気になるところなので、神経質な動きになりそうです。

今週のお買い上げ

今週は、【HDV】をお買い上げ。

【HDV】も高配当のETFで、ディフェンシブ(値下がりしにくい)銘柄が多いのですが、米国全体の下落幅が大きいだけに、下がってきています。

<SBI証券ホームページより>

1万円入金した分以上に、総資産が値段が下がっています。積み立て投資の踏ん張りどころ!

大幅下落の際に、「安く買えた」「たくさん買えた」と思うことができるようになれば、あなたも私も一人前の『積み立て投資家』と言えそうです。

教育資金ですから、まだまだ先は長い。9歳の娘の9年後を考えて投資をしましょう。

スポンサードリンク

楽天証券のスーパーポイント投資信託

楽天証券も今回の下落をかなり受けています。

<楽天証券ホームページより>

利益が、毎週ごと半減している現状。

「利益を確保する?」「買い増しする?」

色々な考え方ができそうですが、短い期間で売買を繰り返すのであれば、教育資金の積立にはなりません。

私は」、10年先を見すえ「淡々と買い増し」をして行くのみです。

ワンタップバイの運用成績

ワンタップバイも今回の下落を避けては通れません。

下落に強い銘柄と言えど、今回の下落に対応するのは簡単なことではありません。

<ワンタップバイPC版取引サイトより>

ここで特筆すべきは、シスコシステムズの下落です。

個別株取引の場合は、全体的な流れより企業業績が左右するので、ETFや投資信託の積立より購入のタイミングが難しいですね。

タイミング難しいからこそ、積立投資に効果があると言えそうです。

教育資金での投資には個別株取引は向かないという点は、間違いないようです。

まとめ

「運用成績が悪い」ときには、子供には金額を「見ない!見せない!」

ただ、『積み立て投資家』は、塩漬けにしてはいけません。ここをチャンスと、しっかり買っていきましょう。

10年先の教育資金を考えて!長期目線で資産を作りましょう。

>>No.1ネット証券ではじめよう!株デビューするならSBI証券

>>少額取引で手数料最安!ワンタップバイ

>>楽天ポイントを使って、損を出さない投資!楽天証券

>>無料で資料請求、マネックス証券

「1日1プッシュ」が、励みになります!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(30代)へ
にほんブログ村

ABOUT ME
エフピーティー
株式投資を勉強している39歳、男です。積み立て投資と子供たちへの投資教育を実践中!