定点観察(米国ETF)

【今週からワンタップバイも定点観察!】米国株は、大きく勝てないけども負けにくい投資手法です。

お疲れ様です、エフピーティです。

今週の米国株は、さえない一週間になりました。貿易戦争問題の話が少しでも出てくると米国株が下がる悪循環

日本株で、株価が下がると悲しい気持ちになりますよね?でも、米国株だと悲しい気持ちにはならないんです。

それは、なぜか?

「日本株は、必ずいつか売るという利益確定」があります。しかし、

「米国株は配当をもらい続けるので、売らない」のですから、「安い価格で買えて、ラッキー」となります。

これは、ETFに限った話ではなく、個別株も同じです。やっぱり、日本株には長期で続けることが難しく、ギャンブルになってしまうんでしょうね。

スポンサードリンク

今週のお買い上げ米国ETF

・今週のドル転

今週は、136.20ドル。多い訳ではない、かといって円安が急激に進行し、少ない訳でもない。あまりにも微妙すぎる内容になっています。

チャートを見ると

<yahooファイナンスより>

今年の初めは、112~113円台だったんですよね。今年で見れば、スタートに戻りつつあるだけ、上半期が円高だったことが分かりますね。

 

・今週のお買い上げ

第5週・・・

第5週は、月によっては無い場合もあるので、ひと休みになります。購入なし。入金だけになります。

若干減っているものの、円安と相殺され大きく資産を減らす状況には、至っていません。

円高、米国株安のダブルパンチがない限り、急激な資産減少が無いことも米国株投資の魅力と言えそうです。

 

スポンサードリンク

楽天証券のスーパーポイント投資信託

「買えない、買えない、買えない。」これにつきます。だって、スーパーポイントが貯まらないんです。

<楽天証券ホームページより>

先週に比べると、19000円は遠のきました。

問題は、さらにあります。

来週から、「e-MAXIS Slim S&P500インデックスファンド」が発売されるんです。

それも「i-free S&P500インデックス」よりも手数料(信託報酬)が安くなっている

乗り換えるべきか?、継続か?そんなことでも頭を悩ませることになってしまっています。

ワンタップバイの結果

私の記事を読んでくださっている読者の方の関心が一番多いのが、One Tap BUY(ワンタップバイ)について、なんです。

そのため今週から、ワンタップバイの結果も表示していこうと思います。

<ワンタップバイ PC版ホームページより>

4勝6敗。利益のほとんどをAmazonがたたき出しています。(しかし、この中でAmazonだけ、配当は無いんですけどね。)

10万円の投資が、88円の利益を生み出しています。年率0.088%の上昇です。( ´∀` )

Amazon以外は株価の上下を気にしている訳ではなく、配当狙いですから、全く問題ありません。6月は、配当も多いので振り込まれるのが楽しみです。

まとめ

先週は貿易戦争やイラン原油の問題があり、株価がさえなかったので大きく下落しているのかと思えば、思ったほど下落していません。

日本株はとりわけ理由がないのに、意外と下落しています。

POINT米国の株価は、大きな下落理由があっても下落が小さく、

日本の株価は、大きな下落理由がなくても下落が大きい。

POINTから見ても、資産作りには、米国株が向いていますね。

今週は、米国株と日本株の下落の違いを学んだ1週間になりました。

ABOUT ME
エフピーティー
株式投資を勉強している37歳、男です。積み立て投資と子供たちへの投資教育を実践中!