定点観察(米国ETF)

【政治と経済は、別物?】米国株式は、好調のまま。新興国危うし。5月第3週のお買い上げ米国ETF

お疲れ様です、エフピーティーです。

米国経済、順調であります。北朝鮮問題でドタキャンされそうでも、大きく下げることがなかった一週間。

また円安が進行し、ドルに変える金額が減ったものの、総資産が上昇。

円安が進行するのに日本株は大きく上がらない。

意味不明な日本市場。

こんな状況だからこそ、日本株投資から撤退し、米国株を中心として攻める投資が有効なんだと再認識させられます。

それでは、今週の状況を見ていきましょう。

スポンサードリンク

今週のお買い上げ

今週は、米国金利の上昇を受け、1ドル110円台をつけました。110円の響きが久しぶりと思ったら、

<ヤフーファイナンスより>

2018年1月以来の4ヶ月ぶりの110円台

そうですよね。今年の新年、米国株は絶好調、ダウは26000という値。株高、円安の影響で、10%近い収益を上げていた時以来です。

今後も米国金利は上がるでしょうから、長期で見れば円安傾向。資産アップが嬉しいですね。

今回購入したのは、【VEA】と【VWO】。米国一辺倒ではなく、【VEA】で先進国、【VWO】で新興国に投資をしています。

どちらも45ドル台で、分かりにくい。しかし、どちらも1年以上前から毎月1株ずつ購入しているため、利益を出しています。

【VEA】については、成長より分配金を重視。

【VWO】については、分配金より成長を重視。

この2つと【VTI】で、世界三分の計を作って投資をしております。

ただ、【VWO】は、成長重視なので、もう少し頑張ってもらいたいですね。

楽天証券でスーパーポイント投資信託

楽天の方は、残念ながらポイント切れ。

どちらも買うことができませんでした。無念。しかし、米国株にとって辛かった2月、3月に定期的に購入できていたため、利益がしっかりと出ています。

残念ですが、見守ることしかできません。

差し当たって大きなポイント取得もなく、しばらくは様子見ムードが続きそうです。

はぁ、早くポイント入らないかな・・・

まとめ

楽天が買えなくなったのは、つらいです。しかし、米国ETF積立は、順調そのもの。

米朝首脳会談、米中貿易戦争、さまざまな問題はありますが、株式には大きな影響がまだ出ていません。

大きな値下がりに耐える心をいつでも持ちつつ、積み立てていきたいものです。それにしても、楽天スーパーポイントが欲しい!。誰かプレゼントしてくれないかな?

スポンサードリンク

ABOUT ME
エフピーティー
株式投資を勉強している39歳、男です。積み立て投資と子供たちへの投資教育を実践中!