定点観察(米国ETF)

【暴落か?調整か?】暴落でも持ちこたえらる、庶民の必殺技。『つみたて投資』は、まだまだ死んでいませんよ。

お疲れ様です、エフピーティです。

いやー、波乱の1週間。

米国株の暴落で、日本株も雰囲気が一転してしまいました。

まさに投資格言通り!!

『米国がクシャミをすると、日本が風邪を引く』状態です。

<ヤフーファイナンスより>

日本株も米国株も急降下。

こんなことで、投資退場!にならないように気を付けましょう。

 

リーマンショックのような

「大きな暴落になるのか?」

それとも

「一時的調整か?」

なんて誰も分かりません。

ただ、急落時に怖くなって売ってしまうのが、一番怖いことだと思います。

それでは、大幅下落後のそれぞれの結果を見ていきましょう。

スポンサードリンク

 今週のお買い上げ

・今週のドル転

 今週は、132.82ドルの、日本円からのドルへの移行。

急激な円高になったのが木曜日ですから、あまり増えていません。

ドル円のチャートを見ると

<ヤフーファイナンスより>

1ヶ月前に逆戻り。

再び114円に到達するのは、いつになるのでしょうか?

少なくとも、2~3か月は必要かもしれません。

・今週のお買い上げ米国ETF

今週は、【VTI】と【PFF】をお買い上げ。

どちらも2017年から買い付けており、

【VTI】については、

私のNISAでも買い、楽天証券でも買い、妻のつみたてNISAでも買い、

私の投資の主力になっています。

【PFF】も毎回マイナス資産ですが、毎月配当を出す、貴重な存在。

どちらも、米国株の懐の深さを見せるETFになっています。

 

それでは、結果はこちら。

<SBI証券ホームページより>

悲劇的なマイナス資産にはならず、なんとか持ちこたえております。

ただ、一夜にしてプラス5万円がマイナス圏内に入ったのも事実。

 

実際の所、米国株が安いというよりも、

先進国、そして新興国が大幅に下がっているところが、

下落の要因につながっています。

やはり、

米国中心のポートフォリオの組み方が最も効率が良いと言えそうです。

 

スポンサードリンク

楽天証券のスーパーポイント投資信託

スーパーポイントで買った投資信託も、

大きく値を下げる結果になっています。

<楽天証券ホームページより>

ただ、楽天証券は米国株が中心のため、一番利益率の減り方が少ない。

米国株での積み立て投資の強さを一番発揮している状況と言えそうです。

10月分の買付は終了しているのですが、

見るだけでは、つまらない。

来週あたり少しでもい良いので、買う計画を立てたいと思っています。

ワンタップバイの運用成績

ワンタップバイも、大きく利益を下げています。

<ワンタップバイ PC版取引サイトより>

GEだけが、マイナスだった先週。

それが、コカ・コーラ、マクドナルド、IBM、P&G、モンデリーズの4社も下落し、

5勝5敗の状況になって今しました。

ただ、どれも下落幅は低くく、大きな痛手にはなっていません。

 

バーゲンセールと思い、追加で1万円投資したので、

来週からの反発に期待しましょう。

まとめ

どんなときにも暴落は、あります。

予期はできませんが、心を落ち着かせる必要があるでしょう。

こんなとき、長期のチャートを見ると、心が落ち着きます。

 

米国S&P500の1ヶ月、1年、10年のチャートを見てみましょう。

【1ヶ月】

 

【1年】

 

【10年】

<ヤフーファイナンスより>

いろいろな場所で、急落、暴落が起きています。

しかし、

長い目で見ると、

米国株は下落後しばらくすると、必ず数ヶ月で復活しているのです。

そして、これからも「右肩上がりのチャートを作っていくのでは?」と

思わせてくれます。

 

嵐が過ぎ去るのを待ちましょう!

ABOUT ME
エフピーティー
株式投資を勉強している37歳、男です。積み立て投資と子供たちへの投資教育を実践中!