株式投資

【やっちまったなぁ!!】ジュニアNISAの金融機関変更を考えている方は、ご注意!大人とは全く違いますよ!

お疲れ様です、エフピーティです。

やっと穏やかな日常。トイレ掃除で、さぼったリングを取ったり、

掃除機をかけたりと、普段の主婦作業にいそしんでおります。

ふー、なかなかの体力作業。

あと1時間もすれば、全員帰宅のお祭り状態。

夕飯の準備を仕上げなければ!!

 

準備万端で行っていたのに、長女のジュニアNISA。

なんと、口座開設不可のお知らせが・・・

 

今回は、

「ジュニアNISAの金融機関変更は、大変!」

という内容をご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

口座開設でやっちまったなぁ。

・ジュニアNISA口座を開設できない!

長女のジュニアNISA口座を開設しようと、

SBI証券に申し込みをしたのが2018年8月。

 

今までは学資保険の積み立てをしていたのですが、

学資保険の積み立てが終了したので、

ジュニアNISAを申し込んだのです。

 

未成年口座は、簡単に開設が完了したのですが、

ジュニアNISA口座で、ある1通の文面が届きました。

「ジュニアNISAの口座を開設させない!」という

税務署からのご連絡でした。

 

・そういえば、開設した後、廃止してた!

思い起こすと半年前、長女は三井住友信託銀行で、

ジュニアNISA口座を廃止していました。

 

開設したのは、3年前。

住宅ローンを組むとき、

『ジュニアNISA口座を開設すると、金利を0.01%引き下げる』という

キャンペーンに惹かれ、申し込んだのです。

 

その後、使うことなく眠っていたジュニアNISA口座。

「いらない口座を廃止しよう」と、今年の3月、廃止をしていたのです。

 

廃止後、再開設をすれば、

簡単にジュニアNISAを開設できると思っていた私・・・

 

そうではないみたいです。

何やら、廃止の通知書と金融機関の変更届がいるらしいのです。

スポンサードリンク

ジュニアNISAで、必要なもの

・未成年者口座廃止通知書?

三井住友信託銀行で、ジュニアNISA口座を廃止した際、

『未成年者口座廃止通知書』を受け取ったことを、

すっかり忘れておりました・・・

こんなやつです。

再び開設する際には、この書類がいるんですね。

右上には、そのことがしっかりと書かれています。

 

「ジュニアNISAは、金融機関変更ができない」ということは、

知っていました。

さらに、

証券会社で9月30日までに売買実績がないと、

証券会社で、新たにジュニアNISAも開設できることも

知っていました。

 

それなのに、

普通に未成年口座とジュニアNISA口座を開設してしまいました。

 

・廃止なのに、金融機関変更?

難しいのは、

『ジュニアNISAは、金融機関の変更ができない』なのに、

『口座開設の資料を請求する時には、金融機関の変更届でないといけない』という

矛盾点。

SBI証券で、金融機関の変更を申し込もうとすると、

<SBI証券ホームページより>

 

黄色を押すと、

<SBI証券ホームページより>

金融機関の変更ができないとのこと・・・

どうすればいいのでしょう?

ということで、電話をすることで、

何とか解決しました。

 

SBI証券の皆さん、税務署の皆さん、

2度手間をしてしまい、大変申し訳ありません。

申し込む前に確認をしとけばよかったです。

まとめ

ジュニアNISAの口座を変更する際は、

 

1.旧証券会社で、口座廃止(『口座廃止通知書』を、お忘れなく!)

2.新証券会社で、未成年口座開設

3.新証券会社の金融機関変更で、ジュニアNISA口座を開設

 

上のような順番で、変更しなければいけません。

ジュニアNISAについて、中途半端に知っていると、

『廃止 → 再開設』と思ってしまいますが、

そうではありません。

 

ジュニアNISAの変更を考えておられる方は、

十分ご注意ください。

 

株式投資をしている人が少ないのに、

ましてや子供の口座を開こうなんて人は、さらに少ない。

そして、「ジュニア口座を変更しよう!」なんて考えている人は、

この日本に、いったい何人いるのだろうか???


 

ABOUT ME
エフピーティー
株式投資を勉強している37歳、男です。積み立て投資と子供たちへの投資教育を実践中!