株式投資

【株主優待で楽天ポイント】株を買って、楽天スーパーポイントを手に入れられる銘柄をご紹介します。

お疲れ様です、エフピーティーです。

最近、楽天で買うことが少ない。「理由は特に欲しいものがない」「物を買うなら、株を買いたい!」という理由で、なかなか楽天スーパーポイントが貯まりません。

そんな時目にしたのが、「株主優待で、楽天ポイント2500P」と言う言葉。

株主優待でポイントがもらえるなら、最高です。買うべき会社は、Jトラスト(8505)でした。

今回は、「Jトラストの優待内容と、Jトラストがどのような会社なのか?」を見ていきたいと思います。

スポンサードリンク

株主優待の内容と年間利回り

・半年に1度、2500ポイント

株主優待の内容を調べてみると、

<Jトラスト ニュースリリースより>

6月、12月の年2回、楽天ポイントを2500ポイント。

さらに、

3月、9月の年2回、一株あたり、配当12円(2018年6月11日現在)

1年に4回、配当又は優待がもらえると言うことになります。

年4回の配布だと、株を保有すると手放したくなくなりますね。

 

・注意は、300株

ただ、注意点も1つ。

<Jトラスト ニュースリリースより>

最低購入株数は、100株ですが、株主優待の取得は、300株からです

100株だけ買えば、優待の権利獲得をすることができません。

ですから、株主優待をもらえるのは、

約9万円からではなく、約27万円からということになります。お気をつけください。

 

・年間での利回りを計算

それでは、年間の利回りを計算して見ましょう。

 

楽天ポイントは、 2500×2=5000p

配当は、12円×300株×2=7200円。

合計、5000+7200=12200円。

6月11日現在、Jトラストの株価は、約900円ですから、

12200円÷900円×300株=0.0451

 

年間利回り、4.5%となり、高配当ということができます。

4.5%であれば、なかなか投資をしてもメリットが大きいです。

スポンサードリンク

 Jトラストって、どんな会社?

・チャートを見ると・・・

恥ずかしながら私、Jトラストという会社、知りませんでした。そもそも、日本株や株主優待制度に興味がなかったため、よく分かりませんでした。

1年のチャートを見て見ると、

<yahoo ファイナンスより>

600円から1000円(6万円から10万円)を上に下に移動しています。

しかし、10年チャートを見てびっくり!

<yahoo ファイナンスより>

なんですか?このチャート、まるで仮想通貨。

よくよく調べてみると、株の学校ドットコムの記事に詳細がが載っていました。

<株の学校ドットコム 現役トレーダーコラムより>

つまりは、買った会社が思ったより金を持っていた!

ただそれだけ。

楽天とのつながりも分かりました。

 

・破綻したサラ金の受け皿。

見れば見るほど、Jトラスト、あまり良い印象はありません。<b>買収した企業も、武富士などのサラ金で潰れた会社が多い。ただ、イメージだけで投資をしないのは間違っています。

タバコ会社などは、社会にとって悪で嫌われていますが、株主的には、高配当株の代名詞のような存在です。

ハイエナみたいな雰囲気ですが、配当もしっかりと出しています。

イメージだけで、食わず嫌いになるのもよくないですね。

まとめ

調べた結果、Jトラストに投資をするか? →「いいえ、NO」です。

確かに、楽天スーパーポイントは欲しいです。

しかしながら、配当だけの年間利回りは1.3%近辺。高いとは言えません。

株主優待自体、いつでも廃止することは簡単です。特に、現金に近い、QUOカードや他のポイントについては、客寄せの色合いが濃すぎます。

配当とも異なり、止めるのも簡単です。(すかいらーくのように、優待の改悪で株価が下がる心配もしなければなりません。)

優待のために、損をしてしまっては意味がありません。よって、私は、Jトラストには投資をしません。

しかし、悪い株ではないですから、楽天ポイントをどうしても欲しい方には、良い優待と言えるかもしれません。

かく言う私も、やせ我慢?心には止めておきたいですね

ABOUT ME
エフピーティー
株式投資を勉強している37歳、男です。積み立て投資と子供たちへの投資教育を実践中!