日本株

【情けない!】ジュニアNISAで日本人に買われている銘柄は、これ。

お疲れ様です、エフピーティーです。

長女がインフルエンザのため、自由時間が激減しております。子供が病気のときの体制づくりは、大変ですね。育児休業中のため、余分の人員がありますが、それでも家庭内がギクシャクしていしまします。

今回は、子供のことで積み立てているジュニアNISAについてです。皆さんは、ジュニアNISAで何を積み立てていますか?ちなみに私は、「全世界株」や「米国中心のeMAXIS Slim」を積み立てています。

ところが、SBI証券の積立ランキングを見て、愕然としてしまいました。今日は、SBI証券のジュニアNISAで何が買われているのか?を見ていきたいと思います。

スポンサードリンク

ジュニアNISAで、どんな銘柄買っているの?

買われている銘柄

SBI証券のジュニアNISAのランキングを見て、びっくり!

<SBI証券ホームページより>

日本人はジュニアNISAで、現状高配当株と株主優待銘柄しか購入していません。

長期間をかけて、積み立てていく発想が全くない。使われ方が、

【①高配当の株を買って、無税で配当を得る。】

または、

【②株主優待を得る】

為だけに、子供の口座を利用しているだけなのです。これでは、長期、分散、積立が基本であり、王道の株式投資の大原則ができるはずありません。

要は、目先の利益だけを狙って、株を買っているに過ぎないのです。

スポンサードリンク

大人のNISAは、どうなってるの?

子供のNISAがお粗末な状況ですから、大人のNISAも同じようなもの思うでしょう!

<SBI証券ホームページより>

大人のNISAは、株主優待が減り、配当をメインとしたものになっています。ただ、日産自自動車やソフトバンクが高配当を続けることができるかどうかは、疑問符が付きます。

大人のNISAの中で、本当に高配当株と言えるのは、キヤノンぐらいなものでしょうか。なんともお寒いNISAですね。

これなら、つみたてNISAをしていた方が100倍ましです。

まとめ

日本のNISAは、現状高配当株と株主優待を取るための手段になってしまっています。このままでは、本当に投資の良さ、大切さを伝えることはできません。

株主優待はあくまでおまけであって、株主優待を取るためにNISAを使うのは、あまり得策ではないと思います。

株主優待と見掛け倒しの高配当株を卒業して、本当の投資、「つみたてNISA」や「米国株」の方が、お勧めですよ。

>>No.1ネット証券ではじめよう!株デビューするならSBI証券

>>少額取引で手数料最安!ワンタップバイ

>>楽天ポイントを使って、損を出さない投資!楽天証券

>>無料で資料請求、マネックス証券

 

ABOUT ME
エフピーティー
株式投資を勉強している37歳、男です。積み立て投資と子供たちへの投資教育を実践中!