「iDeCo(イデコ)」と「つみたてNISA」

SBI証券のつみたてNISA取扱ファンド、私ならこれを買う!ベスト3(その1)

Pocket
LINEで送る

お疲れ様です、エフピーティーです。

4月に入り、精神的に疲れているのか、家族全体がお疲れモード。先日も家族全体で寝坊しそうになるという恐ろしさ。これではいけないと、気持ちを切り替え頑張っているところです。今日は、4月より投資を始めようとしている方にオススメのファンドをご紹介。

つみたてNISAの対象商品

SBI証券のつみたてNISA対象投資信託(以下;ファンド)って、いくつあるか知ってますか?調べてみると

134ファンド

<SBI証券ホームページより>

もあるんです。その中から、自分にあったファンドを1〜5ファンド選ぶのって大変ですよね。

一つ一つ分析して、探すのなんてアホらしくてやって入られません。さらに、手数料が1年で10円違うのに右往左往しているのもアホらしい。

ということで、ざっくり1つの質問に答えるがだけでオススメのファンドをご紹介していきたいと思います。

私がファンドを決めるのに聞く、唯一の質問。

ファンドを決めるのに最重要な質問は、これ!

「これからの20〜30年、アメリカってすごいと思う?」

この質問に、「イエス」または「ノー」に答えるだけで、方向性がつかめます。

「わからない」は無しです。投資は、ある程度方向性がないと進みません。

ただ、「投資をする!」ってことだけで勝ち組です。この回答で決まるのは、「超大勝ち」か「かなり大勝ち」の違い程度です。(投資は自己責任で!)

今回は、「イエス」の人にオススメのファンド

「イエス」選んだ方

「イエス」と言うことは、

【20〜30年後もアメリカはすごい国】

と思っている方です。ちなみに私もこのグループに属します。

「腐っても鯛、腐ってもアメリカ」を信じてファンドを買っていきましょう。

第1位 楽天・全米株式インデックスファンド

これは楽天のファンドですが、実は楽天は大したことはしていません。アメリカのETFである【VTI】アメリカのほぼ全ての株式を集めたファンドを単純に買うものです。単純で分かりやすい。(自分自身、夫婦で「つみたてNISA毎日800円、毎月約13000円積み立てています)

 

第2位 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス

詳しい内容は以前ご紹介しました。

[blogcard url=”http://fp-teacher.net/2018/02/02/post-1453/”]

つみたてNISAには、日本以外の先進国に投資する「MSCI-KOKUSAIインデックス」の取り扱いが非常に多く7種類もあります。

<同上>

その中で、もっとも手数料が安いのが「eMAXIS Slim 先進国株式インデックス」になります。手数料だけ見たら、半額?ダブルスコア?ですからね。かなりのおススメです。(自分自身も、「つみたてNISAで毎日300円、ジュニアNISAで毎日500円」積み立てています。)

第3位 i-free S%P500インデックス

これは、面白いファンドです。アメリカの大型株(誰もが名前を1度は聞いたことのある会社)が集まった銘柄をまとめて買うものです。投資の神様ウォーレン・バフェットも妻に進める鉄板のファンドです。

これは若干手数料が高いんですが、S&P500を扱っているファンドってほとんどないんですよね。つみたてNISAでも取り扱いはわずか2つ。知る人ぞ知る穴場ファンドって感じです。投資していると、「おぉ、投資を知ってるね」と言われるかもしれません。(自分自身は、楽天スーパーポイント投資信託で購入しています)

<同上>

まとめ

今回選んだ、1位から3位は「アメリカ様!」投資です。アメリカだけで大丈夫なの?と言う声も聞こえます。

ただ、アメリカという国がコケると、実は世界中がコケるんですよね。何せアメリカの大企業は世界中の多国籍企業が多いですから、被害はアメリカだけに留まらないというのが、歴史が証明しています。(ブラックマンデー、ITバブル、リーマンショックなど)

といことで、次回は、アメリカよりも他の国に重きを置きたい方にオススメのファンドをご紹介します。

Pocket
LINEで送る

ABOUT ME
エフピーティー
株式投資を勉強している37歳、男です。積み立て投資と子供たちへの投資教育を実践中!