「iDeCo(イデコ)」と「つみたてNISA」

SBI証券のiDeCo(イデコ)、外国株式の商品がちょっと寂しくないですか?

お疲れ様です、エフピーティです。

今週末は、次女の発表会。席取りのため朝5時から並ぶのは大変ですが、父頑張ります!一生懸命練習して、ダンスと合奏ですから防寒具を身にまとって戦士になります。

朝早いのは問題ないんですが、寒くないといいなぁ。

スポンサードリンク


SBI証券の運用商品が微妙

自分はメインの証券会社がSBI証券のため、イデコについてもSBIで申し込みをしました。しかしながら、最近、松井証券がイデコを取り扱うと聞いて、商品のラインナップを見るととても秀逸。そして、SBI証券の商品を見て、がっくり。

つみたてNISAの陰に隠れて、イデコの運用商品選定、

手を抜いちゃあ、いませんか?

声を大にして言いたい。

ここ数か月、商品の追加がなくないですか?

内容がどんどん他の証券会社に負けていませんか?

これは、まずい。

iDeCo(イデコ)は、60歳まで長い付き合いなんですよ。なんとなく、つみたてNISAの商品開発に力を注いで、イデコを後回しにしてるっしょ!

これは、いかーん。投書せねば。

 

iDeCo(イデコ)の運用の中心は、外国(先進国)株式

分散投資を考えた場合、一番のメインは外国株式(アメリカ+先進国)。

食事で言えば、主食の米です。

日本株、新興国株、リート、債券は、メインではないんです。

「副菜」や「つけもの」なんですよね。

確かにSBI証券は、運用商品数がすごく多い。

SBI証券 63種類

楽天証券 31種類

マネックス証券 22種類

松井証券 12種類

SBI証券は、楽天証券の2倍以上です。それなのに、それなのに・・・

メニューは豊富、でも

主食が、イマイチ

って寂しくないですか?

主食だけを比較してみると・・・

<SBI証券ホームページ>

 

<楽天証券ホームページ>

 

<マネックス証券ホームページ>

 

<松井証券ホームページ>

 

POINTSBI証券 「ニッセイ外国株式インデックス(信託報酬0.20412%)

楽天証券「楽天・前米株式インデックス(信託報酬0.1696%)

マネックス、松井

「eMAXIS Slim先進国株式インデックス(信託報酬0.11826%※)

 

※マネックスと松井で、信託報酬が異なるのは、1月30日に信託報酬を0.1182%に引き下げたため。

今後のSBI証券の商品改定に期待!

「ニッセイ外国株式インデックスファンド」は、今でも優良なファンドの1つです。

しかし、「楽天・全米株式」「eMAXIS Slim先進国」は、2017年に始まった新しい投資信託であり、どちらも魅力的で注目を引く投資信託です。

ニッセイが信託報酬を下げるのか、それともSBIがどちらかの商品を追加しない限り、「主力である米が、イマイチ」から抜け出すことができません。

期待しています、SBI証券のイデコ!

スポンサードリンク

ABOUT ME
エフピーティー
株式投資を勉強している39歳、男です。積み立て投資と子供たちへの投資教育を実践中!