米国株・ETF

「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2017」を見ての感想

Pocket
LINEで送る

お疲れさまです、エフピーティーです。

家族5人で寝ていると川の字どころか、変な漢字が出来上がることがあります。先日は、気候的に暖かく布団から子供達はどこかに出かけ、朝見てみると3人で「上」字を作っておりました。上昇志向の強い子供達で、今後が安心です。

スポンサードリンク


Funds of the Year 2017、投票したかったよぉ〜

もう皆さんは、結果を見ましたか?私は昨日結果を見ました。

興味がある方はぜひ、こちらのサイトをご覧ください。

[blogcard url=”http://www.fundoftheyear.jp/2017/”]

 

自分自身も投票したかったのですが、ブログ開設が9月30日までと、半月遅かったため参加することができませんでした。

その点では、気持ちを切り替え

来年こそは投票するぞ!

という、ブログを続ける目標として頑張って行きたいと思います。

 

結果を見ての感想

 

1位 楽天・全世界株式インデックス・ファンド【楽天VT】

2位 ニッセイ・外国株式インデックス・ファンド

3位 楽天・全米株式インデックス・ファンド【楽天VTI】

4位 野村つみたて外国株投信

5位 eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)

 

 

「妻のつみたてNISA」で積み立てている投信がが2位と3位です。

満足という結果よりも、「まぁそうだろうな」って思うに止まりました。

1位の楽天VTは、日本人のVT好きを改めて思わせますね。

全世界規模の分散投資

確かに憧れます。

 

でも、大丈夫ですか?日本株?

2・3・4位には、日本株が入っていません。

「年金が70歳からになるかもしれない」「社会保障費の増大」「少子高齢化と人口減少」などなど

日本は、これから総じて貧しくなっていく気がしていませんか?

私は、ひしひしと感じるんです。

弱っていく日本、過去の遺産で食いつなぐ日本。そこに株の力強さがあるんだろうか?

 

2グループに分けてみると・・・

1・5位の全世界グループと

2・3・4位の世界グループ(日本抜き)

に分かれます。3位の【楽天VTI】は、純粋にはアメリカですが、世界的企業が多いのでアメリカに入れます。

A.日本抜きのパフォーマンスが勝つのか、

b.日本も世界と共に成長するのか、

投信を買うのに悩んでいるなら、このA・Bのどちらかを選ぶ必要がありそうです。

 

1位と2位の構成国の違い

 

楽天VTの構成

バンガード社ホームページより

 

ニッセイ・外国株式の構成は

ニッセイ外国株式インデックスファンド目論見書より

 

とこうなりました。

世界を支える、アメリカ。

そして、わずか8.1%の日本。

あなたは、日本の8.1%に投資をしますか?

それともしませんか?

私は、しま・・・・・・・・・・・せん。

日本の落日は寂しいですが、これが現実ですね。

スポンサードリンク

 

Pocket
LINEで送る

ABOUT ME
エフピーティー
株式投資を勉強している37歳、男です。積み立て投資と子供たちへの投資教育を実践中!