米国株・ETF

米国ETFである【VOO】と【IVV】、似ている2つのどちらを買うべきか。

Pocket
LINEで送る

お疲れ様です、エフピーティです。またまた、お休み、三連休。たまには写真のようなカリフォルニアのビーチに行きたいと思う今日この頃。皆さんは、三連休みは何をして過ごされますか?自分は大した趣味がないので、子供の相手で終わってしましそうです。何せ、正月明けから泣く子も黙る妻が体調不良で家事に追われながら生活をしています。3連休が終われば、子供の学校も始まるので、少しホッとしています。その中でも、暇を見つけて米国ETFの勉強中。


今、【VOO】と【IVV】で猛烈に悩んでいます。

どうしましょう、2018年。毎日の米ドル積み立て額が2千円から3千円に大幅アップ。

「新たにETFを加えたい!」その中で、【VOO】と【IVV】のどちらにするか、猛烈に悩んでいます。

とにかく共通点が多く、悩ましい。

POINT米国指数 S&P500に連動して値段が決まる。

経費率 0.04%(1万円に対して4円)

分配金 年4回(3・6・9・12月)

とにかく、比べると似すぎていて困ります。

 

【VOO】と【IVV】のわずかな違い。

似ていても、少しだけ違いがあります。それは、分配金の割合。

【VOO】1.77%

【IVV】1.74%

と少しだけ【VOO】のほうが、利回りがいいです。

【VOO】の分配金履歴(1株当たり)

 

【IVV】の分配金履歴(1株当たり)

 

分配金も似ていますが、組み入れの銘柄数もよく似ています。

【VOO】511銘柄

【IVV】505銘柄

これも比べ物にならないほど、似ています。

強いて言えば、あのウォーレン・バフェット氏が奥様の遺言に【VOO】を進めたという話もあります。

 

こっちに決めた!

冬休みの間、考えに考えどちらを買うか決めました。それは、

【VOO】

なぜならば、

購入の単価が安い!

この1つで決めました。スノーボール投資は、分配金がたまると次の銘柄を買う必要があります。少しでも安い方が、回転率がいいのに決まっています。

ということで次回から【VOO】が新しくETF仲間になります。バンガード社にはお世話なりっぱなしですが、今後ともよろしくお願いいたします。

Pocket
LINEで送る

ABOUT ME
エフピーティー
株式投資を勉強している37歳、男です。積み立て投資と子供たちへの投資教育を実践中!