米国株・ETF

【ファンドオブザイヤー2018結果】結局どの投資信託が一番おススメなのか?

お疲れ様です、エフピーティーです。

3連休は、楽しく過ごせましたか?私は、動物園、遊園地と子供達としっかり楽しみました。楽しみ倒した挙句、月曜日の更新を忘れてしまっていました、、、(トホホ)

今日は、私がブログを始めた理由の一つ、『ファンドオブザイヤー2018』の表彰式が行われ、結果が出ましたのでご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

投票の振り返り

投票の経緯

私こと(エフピーティー)は、2017年の10月からブログを始めました。

ブログを始めたからファンドオブザイヤーに投票できるかと思えば、参加条件が『9月30日までにブログを開設していること』という応募資格を満たせず、投票できませんでした。

それから待つこと1年。ブログを続けるモチベーションの一つとして、『ファンドオブザイヤーに投票すること』がありました。

投票できる夢が1年後にかなったのです。

投票したファンド

私がファンドオブザイヤー2018に投票したのは、11月。投票したのは、

投票したファンド

No,1 eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)(3ポイント)

No,2 楽天・全米株式インデックス・ファンド(2ポイント)

この2つ。どちらも米国1本に投資をする投資信託であり、【eMAXSI~】は、米国の中・大型株式のオールスター集団です。

【楽天~】は、米国全体に投資をする米国のETF【VTI】を購入する投資信託で、米国の大・中・小型株に投資をします。

私は、米国株の今後の可能性、米国の世界的な強さを評価し、米国がダメになる時は先進国全体がダメになると思っているので、米国だけに投資した投資信託を選びました。

それでは、全体の結果を見てきましょう。

スポンサードリンク

ファンドオブザイヤー2018の結果。

果たして1位は、どのファンド?

九州の片田舎ですから、表彰式にはいけませんでした。結果を見るのみ。それでは、1位から結果を見ていきましょう。

ファンドオブザイヤー2018(第1位~第5位)

第1位 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス

第2位 <購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド

第3位 eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)

第4位 楽天・全米株式インデックス・ファンド

第5位 eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)

結果は、「やはり」「たぶんね~」「そだね~」と思わせる結果。(私が悩んだひとつでもあります。)

妻の『つみたてNISA 』、子供の『ジュニアNISA』で積み立てている投資信託です。米国に50%近く投資し、他の先進国にも投資する世界分散型の投資信託が、第1位になりました。

私の選んだ、【楽天~】が第4位に入りまいた!

世界全体への投資が大人気!

「どうして、妻も子供も買っているのに1位を選ばなかったのか?」理由は簡単。

「米国株の魅力を伝えたいから!」

「分散投資」は、投資している人にとって最適な答えであることは誰にとっても明らかですです。

ただ、米国以外の先進国・新興国が、米国株式を引っ張る可能性が多く、その分リターンが減ると私は考えています。

米国以外の先進国の会社の利益、新興国の会社の利益、これらは最終的にどこいきそうですか?

「先進国や新興国で、飲まれている飲み物は?」

「先進国や新興国で、食べられている食べ物は?」

「先進国や新興国で、使っている物は?」

思い浮かぶものは、米国に行き着きませんか?コーラ、マクドナルド、スマホ(アップル、グーグル)、、、どれも米国に行きつくのです。

このことからも、米国が最大にして最高、唯一の投資対象と考えられます。

6位以降の結果。

6位以降の結果は、こちら。

ファンドオブザイヤー2018(第6位以降)

第6位 セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド
第7位 Vanguard Total World Stock ETF(VT)
第8位 eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)
第9位 楽天・全世界株式インデックス・ファンド
第10位 eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)
第11位 ひふみ投信
第12位 野村つみたて外国株投信
第13位 eMAXIS Slim 新興国株式インデックス
第14位 Vanguard Total Stock Market ETF (VTI)
第15位 結い 2101
第16位 Vanguard High Dividend Yield ETF (VYM)
第17位 iFree S&P500インデックス
第18位 eMAXIS Slim 全世界株式(3地域均等型)
第19位 農林中金<パートナーズ>米国株式長期厳選ファンド
第20位 コモンズ30ファンド

私の選んだ【eMAXIS Slim米国株式】が8位に入っています。でも、【eMAXIS Slim~】の内、6つの投資信託が20位以内に入り、勢いを感じます。

見渡してみると、日本で1番有名であろう「ひふみ投信」が、2017年より順位を落としてます。 アクティブファンドであること、最近の成果が良くないことなど、理由を挙げればきりがありません。

米国株を中心として、あとはバランス型ファンドが少し、という印象です。

まとめ

全体の流れとして言えることは、「米国株が基本であり、そこにセットものをつけるかどうか?」ということになります。

米国だけで良いと言う人は、【S&P500】か【VTI】

米国以外の可能性を買うなら、先進国株式。

新興国の可能性を買うなら、新興国株式。

世界全体に投資をしたいなら、全世界株式やバランス型。

この4つに絞られています。「米国以外に何を買うか?」これは、個人の考えですから、自分できめなければなりません。

つべこべ言ってますが、結果としては好きな人がおススメしている「第1位~第20位を積立ておけば、問題なし!」

投資に迷った方は、是非、第1位~第20位の中で選びましょう。10年、20年後、大きな成果が出るはずです。

これらの投資信託が買えるのは、手数料の安い下記のネット証券がおススメです。

>>No.1ネット証券ではじめよう!株デビューするならSBI証券

>>少額取引で手数料最安!ワンタップバイ

>>楽天ポイントを使って、損を出さない投資!楽天証券

>>無料で資料請求、マネックス証券

 

ABOUT ME
エフピーティー
株式投資を勉強している37歳、男です。積み立て投資と子供たちへの投資教育を実践中!