米国株・ETF

【1.4%】住信SBIネット銀行の外貨預金で高利回りをゲット!

お疲れ様です、エフピーティーです。

昨日の予約投稿をすっかり忘れておりました。新学期は準備をすることが多くて、後回しにしていたら、記憶に埋もれてしまいました。

今日は、2018年の12月に外貨預金をしていたものが満期を迎え、利息をいただきました。本日は、住信SBIネット銀行での外貨定期預金についてお知らせしたいと思います。

スポンサードリンク

米ドル1年定期の結果

1年定期

日本円の1年定期を普通の銀行で行えば、大手銀行では0.01%です。それが、米ドルであれば、1年前1.7%でした。(1700倍です。)

<住信SBIネット銀行ホームページより>

20ドルの定期預金に対して、0.28ドルの利息。税引で1.4%になっています。

確かに少ないです、しかし日本の銀行の1年定期に比べればはるかに大きな金利を得ることができます。

自動継続

そして、この定期預金は自動継続です。私なんて1年前のことは忘れていますから、久しぶりに見た継続の所を新年に見て気づいた次第です。

<同上>

今回は、「20ドル」⇒「20.28ドル」に定期の金額が増加しています。これぞ複利運用、今年の年末がすでに楽しみになってきました。

スポンサードリンク

もう一つのメリット、スマートプログラム

定期預金として預けていると利息を受け取れるメリット以外に、スマートプログラムがランクアップするというメリットも受け取れます。

<住信SBIネット銀行>

「複数商品・サービスのご利用」中の一つである、【外貨預金の月末残高あり】条件を満たすことができます。

あと一つ満たせば、振込手数料が3回無料になるのですから、ハードルがグッと下がります。

外貨預金のデメリット

外貨預金のデメリットは、ただ一つ。「円高!」

円高には、どんな外貨預金も太刀打ちできません。今でこそ108円ですが、100円になれば、1ドル定期預金するだけで8円の損になります。

私の場合、20ドルでしたから160円の損失になります。利息で30円近く手に入れても、全く持って無駄になります。

「今が、円安か?円高か?」なんて、プロにも分かりません。ここが悩ましいところです。

まとめ

定期預金は何もしなければ、継続になります。しかし、解約しても金利が減るだけで不利益はありません。

現在の金利は、以下のようななっています。

<住信SBIネット銀行ホームページより>

1年前は、米ドルの金利は1%台ですから、ずいぶん高くなっています。ネット銀行ですから手数料も安く、手数料負けしません。

送金手数料も無料の回数も増やせますし、利息も手に入れられます。一石二鳥の定期預金と言うことができます。

ABOUT ME
エフピーティー
株式投資を勉強している37歳、男です。積み立て投資と子供たちへの投資教育を実践中!