米国株・ETF

12月の配当金が出ました、配当金生活は夢でなく現実にする方法

お疲れ様です、エフピーティーです。

年末年始は、お金が必要なことが多いですね。子供らが簡単にもらうお年玉。これだけの金額を配当で手に入れようとすると、どれほどの資産が必要か、、、ため息が出ます。

しかし!配当は出る事が大切。気を取り直して、今回出た配当を見てましょう。

スポンサードリンク

配当金の合計

第1弾、届く

今回届いたのは、【VOO・HDV・PFF】の3つが、年末に届きました。【PFF】については、12月に2回届くので、1月の配当はありません。

<SBI証券ホームページより>

合計、34.19ドル。日本円に直すと約3700円。

いやぁ、大きくなりました。過去最大の金額を一度に貰いました。でも、まだまだ序の口。第2弾が、控えています。

第2弾は、まだ来ません

第1弾は、2018年末に届きました。しかし、【VTI・VEA・VWO・VYM】などのほとんどのバンガード社の配当はまだ、届いていません。

バンガード社の配当は、2019年年明けに届くのでまとまって届き次第、ご報告したいと思います。

スポンサードリンク

配当の詳細

配当のそれぞれの詳細を見てみます。

【VOO】

【HDV】

【PFF】

<SBI証券ホームページより>

配当が3700円だとしても、米国の税金が416円。やはり、税金って高いですね~。

これでNISAでなければさらに20%の税金がかかるわけですから、税金を節約する方法は、大事ですね。

まとめ

2年間の継続が、配当金の結果に表れてきました。今年も継続できれば、さらに多くの配当金が手に入れられます。

トマピケティ氏のr>gを実践するには、まだほど遠い金額です。配当収入が、労働収入を超える事こそ、資本家への道

資本家にならずとも、教育資金、老後資金を楽々と貯めることができるのです!宝くじに外れて、「はぁ~」とため息をつく前に、そのお金を投資に回しませんか?

ABOUT ME
エフピーティー
株式投資を勉強している37歳、男です。積み立て投資と子供たちへの投資教育を実践中!