米国株・ETF

値上がり益!配当益!【VTI】は、どちらも狙える最高のETFです!

Pocket
LINEで送る

お疲れ様です、エフピーティーです。

年度初めの忙しさにかまけて、配当金の確認をしていなかったら、続々と入金されていました。

満面の笑顔を作っていたはずなので、はたから見ると気持ち悪かったに違いない!

受け取った配当金の中でも今回は、【VTI】の配当金についてお知らせをします。

スポンサードリンク

【VTI】は、最高のETF

インカムゲインは、ありがたい

【VTI】は、米国の98%の企業に投資するETFです。

米国には、配当を出す世界的大型企業やイケイケのハイテク企業が集まっており、世界中の企業が集中しています。

その企業群に投資ができるので、とても魅力的な投資先です。

<バンガード社ホームページより>

投資先の上位10社を見ても、名だたる企業ばかり。日本人でも知っている企業ばかりです。

それでも、上位10社でわずか17.9%。

残りの80%は米国の他の企業に投資している訳ですから、米国の企業のすさまじさを感じずにはいられません。

配当の詳細

配当の詳細を見てみましょう。

【2017年】

【2018年】

【2019年】

<SBI証券ホームページより>

2017年(12株)⇒8.34ドル[912円]

2018年(12株)⇒8.34ドル[912円]

2019年( 3株)⇒2.09ドル[228円]

<SBI証券ホームページより>

一般NISAで購入していますので、それぞれの年で分かれて配当金が出ています。

2022年には、日本での税金(約20%)もかかるのようになるので、「ロールオーバー(繰り越し)をするのか?」「売却するのか?」「税金を多く払うのか?」考える必要に迫れれます。

配当の履歴

1株当たりの履歴を見てみましょう。

<バンガード社ホームページより>

ここ数年は、1株当たり0.5~0.7ドル前後の配当が出ています。

ここ10回の配当でも、3回ほど減配されているので、個別株とは異なり連続増配はしていません。

ただ、配当の金額は増配傾向であることは間違いないので、今後が楽しみです。

スポンサードリンク

値上がり益も狙えます!

配当だけじゃない!

米国株は、配当も魅力ですが、値上がり益も魅力です。

私は、2年と4か月しか投資していませんが、大きな利益が出ています。

<SBI証券ホームページより>

配当は別で、値上がり益だけで390ドル(約4万円)ですから、とても大きな利益を出しています。

では、もっと前から投資していたら、どうなるのでしょう?以下のグラフを見てください。

<バンガード社ホームページより>

【VTI】を、10年前に100万円分購入していれば、今では450万円になっているのです!!!

10年前に知っておけば良かった、、、

10年前なんてリーマンショックの後、株主優待などにうつつを抜かして、権利日の近くに買い、権利落ち日に安く売る、アホアホ生活だった時ですよ。

10年前にこの情報を仕入れておけば、もっと違った生活を過ごしていたと思います。

米国の98%株を購入していますから、配当だけでなく大きく成長した企業もあるので、ETFの値上がり益も狙えるのです。

まとめ

投資信託の楽天VTIを買っていれば、いちいちドルに両替したり、配当金を確認したりする手間なし!

ただ、やっぱり配当金ってもらえると嬉しくなっちゃうんですよね~。

【VTI】は、インカムゲイン派の人にもおすすめの最強ETFです。

>>No.1ネット証券ではじめよう!株デビューするならSBI証券

>>少額取引で手数料最安!ワンタップバイ

>>楽天ポイントを使って、損を出さない投資!楽天証券

>>無料で資料請求、マネックス証券

「1日1プッシュ」が、励みになります!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(30代)へ
にほんブログ村

Pocket
LINEで送る

ABOUT ME
エフピーティー
株式投資を勉強している37歳、男です。積み立て投資と子供たちへの投資教育を実践中!