米国株・ETF

【配当金ゲット】外国株式でしか買えない、空前絶後の米国ETF

お疲れ様です、エフピーティーです。

もらってうれしい、配当金。

銀行の利息とも違い、資本主義を感じられる喜びが配当金なのです。

日本株であれば、年1回。米国株であれば、年4回。

それなのに【PFF】ったら、毎月分配金をくれちゃうんです。

こんな最高の米国ETF、日本ではお目にかかれません。

日本で同様の商品を探すならボッタクリの毎月分配型投信のですから、天と地ほどの差があります。

今回は、【PFF】からの分配金についてお知らせします。

スポンサードリンク

サンキュー、【PFF】

今回で26株保有。(2019年2月、現在)

<SBI証券ホームページより>

配当金の合計が、4.16ドル(約460円)

分配金の詳細を見ると0.178248ドルです。

【2017】

【2018】

【2019】

<SBI証券ホームページより>

前回、2月の分配金が、1株あたりが0.169350ドルですから、分配金上昇中です。

3月の分配金が楽しみですね。

スポンサードリンク

他にもある毎月分配型。

米国には他にも毎月分配金が出るETFが沢山あります。

中には【HYG】8.15% (iシェアーズ iBoxx 米ドル建てハイイールド社債 ETF)

のような投資の格付けの低い債券に投資する高配当のものから、

【BND】3.21% (バンガード・米国トータル債券市場ETF)

【AGG】3.31% (iシェアーズ・コア 米国総合債券市場 ETF)

のような比較的安全な債券もあります。それでも年間の利回りが3%を超える訳ですから、おそるべし米国。

【BND】【AGG】は、リーマンショックでも20~30%程度しか下がりませんから、安心できます。

【AGG】の設定来チャート

<ブラックロック社ホームページより>

1億円を持っている人は、この2つに投資しておけば、1年間300万円に近い配当を得られる訳ですから、普通の生活が可能です。

うらやましい!

まとめ

改めて、積立投資の威力を感じる配当金生活。

この4円は、次回の【PFF】購入の準備資金にあてられます。

10年継続すれば、毎月2000円の配当金が得られる訳ですから、辞められませんねぇ。

>>No.1ネット証券ではじめよう!株デビューするならSBI証券

>>少額取引で手数料最安!ワンタップバイ

>>楽天ポイントを使って、損を出さない投資!楽天証券

>>無料で資料請求、マネックス証券

「1日1プッシュ」が、励みになります!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(30代)へ
にほんブログ村

ABOUT ME
エフピーティー
株式投資を勉強している37歳、男です。積み立て投資と子供たちへの投資教育を実践中!