株式投資

【利回り年5%超え】これ買えば、2ヶ月に1度、副収入が得られるETFを紹介します。

お疲れ様です、エフピーティーです。

日本株、米国株、ドル円、最近落ち着いているので、ぼんやりと眺めている今日この頃。

しかし、安定している中で激しく値下がりをしている商品があります。

それは、新興国債券ETF。

価格が5月に入りじわじわと低下。どうして価格が下がっているのか?その理由は、アルゼンチン。

アルゼンチンの問題の影響で、価格は下がり利回りが上昇。

今の時期は、絶好の買い時かもしれません。

5万円割れの水準が待っています。5万円を割れば、長期の保有で利益を得ることができそうなので、自分自身狙っています。

では、その1566新興国債券ETFが、今なぜおすすめなのか?未定いきたいと思います。

スポンサードリンク

 

1566新興国債券ETFの価格が下がり、利回りが上がる

・利回りが5%を超えている!

1566新興国債権の今までの分配金履歴をみると、

<日興アセットマネジメント社ホームページより>

ここ数年、2ヶ月に1回、500円を分配しています。

平成29年分を合計してみると、

515+510+512+502+502+497=3038円

平成29年は、1株あたり5万2000円ぐらいを行ったり来たりしていました。

という事は、3038÷52000=0.05840.0584(5.84%)

利回り的には、素晴らしい値です。

ただ今回は、すでに50000円目前。最安値に近づいています。

 

・チャート的に見ても最安値近辺

値上がり利益と分配金の利益、両方が見込めそうです。チャートを見てみると、

<10年チャート>

<SBI証券ホームページより>

10年チャートでみると、ギリシア危機と同じくらいの最安値。

今回は、それほど危機を感じていないのに・・・

<1年チャート>

<同上>

1年で見ると、50000〜54000円を動いています。そして、今が最安値近辺。

仕込みどころが、来ているのかもしれません。

1566新興国債権ETFの投資先は、

<日興アセットマネジメントホームページより>

アルゼンチンが、ありません。問題の根源が入っていないのに、この下がりようです。

新興国全体の雰囲気で下がっているだけなので、他の国は、大きく影響はないんです。

そのため、「危機が収束すれば、すぐに株価は持ち直す」と考えています。

なのに、資金がない!あればたくさん購入するのに、なんとも機会を損失しています。

新興国債券が下がる理由

・米国国債の利回り上昇

アメリカは、好景気のため金利を少しずつ引き上げています。すでに3%の辺りを記録しています。

新興国よりアメリカの方が安全性も高いので、お金が新興国からアメリカに向かって流れます。

そのため、不人気になった新興国は、利回りを上げる必要があります。

そこで起きたのが、アルゼンチンの問題です。

 

アルゼンチンの政策金利は40%

アメリカへの資金引き上げを止めるため、新興国は利回りを上げます。

そこでアルゼンチンは、政策金利を40%にしました。

40%といえば、1年で100万円が140万円ですからね。しかし、うまくは集まらない。

だってアルゼンチン、200年代に国債を踏み倒し(デフォルト)してますから、信頼できません。

 

・当分続く、新興国不信

アルゼンチンだけではありません。トルコも危ない状況になっています。トルコの場合、FXで買っている人も多いので、注意が必要かもしれません。

自分も、2月に痛い思いをしましたから。

新興国不信が落ち着き、分配金も値上がり益も両方ゲットできる時を待っています。

まとめ

米国の金利引き上げが、問題の中心。新興国自体に問題があるわけでは決してありません。

その中で、価格を気にせず2ヶ月に1度、分配金をもらえるETFはなかなか有益なのではないでしょうか?

ただ、1566新興国債券ETFもそうですが、日本のETFは全体的に取引量が少ない。

そのため忘れられた存在になってしまっています。

おぉーい、みんな!このファンドを見てくれ。結構良いよ〜。

 

過去の1566新興国債券の分析

[blogcard url=”http://fp-teacher.net/stock/etf/post-1672″]

 

スポンサードリンク

 

ABOUT ME
エフピーティー
株式投資を勉強している39歳、男です。積み立て投資と子供たちへの投資教育を実践中!