株式投資

【株式投資で初体験】投資歴16年目にして、初のクロス取引をしてみました。

Pocket
LINEで送る

<SBI証券ホームページより引用>

お疲れ様です、エフピーティーです。

私、株式投資歴16年もあるんですが、10年以上前に信用取引で大失敗をしたため、信用取引から長いこと離れていたんです。

しかし、久しぶりに日本株でチョコチョコと遊んでみようと思い、クロス取引をすることにしました。

株主優待を得るための禁じ手にも近い方法、それがクロス取引。

今回は、そのクロス取引(つなぎ売り)について、話して見たいと思います。

スポンサードリンク

クロス取引とは、なんでしょう?

・信用取引が必ず必要。

クロス取引を知るためには、まず信用取引を知らなければなりません。

信用取引は、「最低30万円を担保にして、約3倍のお金を借りて株を買ったり、株を売ったりすること」です。

そこで、ある人は考えました。

「株を普通に買うのと同時に、株を借りてきて売れば、損しないんじゃないか?」と。

普段であれば、それは無駄です。値動きの変化に意味がなくなるので、手数料だけ損になります。

さらに、ある人は考えます。

「売りと買いの両方の取引を株主優待の日にすれば、値動きを気にせず、優待だけもらえるのでは?」と。

確かにそのとおりです。手数料以上の株主優待が手に入れられれば、確実に利益が見込めるのです。

最後に、現渡という「借りていて売った株を実物で返す」という技で、取引終了にするのです。

<SBI証券ホームページより>

このように、現渡しを権利落ち日(2018年6月27日)に行い、優待のみをゲットしました。

 

株主優待を得るための手段。

今回、6月の株主優待はいくつかありました。すかいらーく、カゴメ、JTなどなど。

その中で選んだのは、マクドナルドホールディングス(2702)。

株主優待の内容は、

<マクドナルド社ホームページより>

引全ての手数料が1500円ぐらいで済み、何でも食べれるセット券を6枚セット(1冊)もらえるからです。

1冊あたり800円近く食べられますから、手数料を引いてもおトクになります。

スポンサードリンク

クロス取引の問題点

・配当金は手に入りません。

①現物で買う(配当が入る)

②株を借りて、売る(配当を払う。配当調整金)

①と②の作業を同時に行うわけですから、差し引き0円になります。(※源泉徴収などもあり、若干の差が出ますが年間での計算をすると、同じになります)

株主優待もゲットできて、配当もゲットできるようなうまい仕組みではありません。

あくまで、株主優待のみを手数料の支払いだけでゲットする方法です。

 

・マナー的にどうなのか?

株式投資は本来、企業の応援の意味合い強いものです。

しかし、クロス取引は「株主優待だけを狙い、短い期間だけ取得するものですから、会社に不利益を与えているだけ」という考え方があります。

でも、ルールは、ルール。

クロス取引は、決して法律を犯しているわけでもなく、しっかりと株式投資のルールを守って行われている取引手法です。

あとは、投資家の信念や道徳観ということになるのでしょう。

まとめ

米国株投資をする前に、クロス取引をしていたら、盗み撮りのような、ルール違反のような気持ちになり、すぐに辞めていたと思います。

しかし、株式投資は投資したものが強者であり、投資内容に善悪、成否はありません。

米国株では、タバコ会社に投資しようが、カジノ企業に投資ししようが、兵器・武器会社に投資しようが、悪いことではありません。

配当をしっかり出す企業が絶対的に善なのです。

ですから、株主優待を出す以上、どんな方法であれ堂々と貰えば良いのです。

気後れせず、7月も取りに行きます。(7月は、一年でも最も少ない株主優待なのですが・・・)

Pocket
LINEで送る

ABOUT ME
エフピーティー
株式投資を勉強している37歳、男です。積み立て投資と子供たちへの投資教育を実践中!