子供と投資

「お年玉、貯金するだけで大丈夫?」ぜひ、お年玉で投資教育を!

Pocket
LINEで送る

お疲れ様です、エフピーティーです。

皆さん、子供のお年玉どうしていますか?「私は、全額投資をしています!」

このようなことを言うと驚かれる方もいますが、今貯金だけしていても意味がありません。利息は、0.001%。しばらくは、上がる気配を見せません。

そこで考えるのは、お金の有効活用!

子供に『お金の重要性』と『投資の大切さ』を教えるのにとても意義のあるお年玉。今回は、私の子供たちのお年玉の運用成績をご紹介します。

スポンサードリンク

お年玉、お祝いの使い道。

正月の風物詩!

「貰ったら、渡しなさい!」「貯金しておくから」私も30年前、よく言われたセリフです。正月になると、お年玉は貰えるものの、使えるのはごく一部。大部分は貯金に充てられます。

我が家の場合は、親が搾取していませんでしたから、大学進学時にまとめてもらって学費に使った記憶があります。(流用されなくてよかった!)

世代間で、金利が違う。

現在子育て世代は、20~30代の方が多いと思います。その親の世代は60~70歳台。私(38歳)が子供のころは、お年玉をもらったり、お祝いを貰ったりすると、「貯金しなさい!」と言われていました。

「貯金しなさい!」と言っていたのは、金利が高かったから。30年ほど前には5%~7%という金利がついていたのです。今では考えられません。

しかし、言い換えると「貯金しなさい!」=「金利の良い所に預けなさい」とも言えるわけです。

現在、長期的にみて5~7%の利益が出るは、株のみ。それ以外はリスクが高くなります。ですから、我が家は4人分、「ジュニアNISA」で毎日積立をしています。

それでは、4人分の結果を見ていきましょう!

スポンサードリンク

4人分の『ジュニアNISA』

毎日500円ずつ

我が家は、貰ったお年玉をゆうちょ銀行に入れ、SBI証券のジュニアNISAに入金しています。そして毎日500円ずつ、投資信託を購入しています。

2018年から始めたジュニアNISA。それでは、結果を見てみましょう。

【長女】

【次女】

【三男】

【4女】

<SBI証券ホームページより>

どれも、下落中。しかし、マイナスになっていることは問題ではありません。投資にはマイナスもつきもの。

マイナスの中で、淡々と積み立てる力が投資には必要なのです。

年度結果で見ると?

全体的には、米国株の年末下落でどれも良くありません。しかし年度ごとで見ると、少し結果が異なります。

【長女】

【次女】

【3男】

【4女】

<SBI証券ホームページより>

2018年はマイナスでも、実は2019年はプラスなんです。子供の成長と同じで、短気を見ていても、意味がありません。

お年玉を投資に回す際は、長期の目標になると思うので、短期的なマイナスにおびえないようにしましょう。

まとめ

子供たちに結果を見せると、長女、次女はお年玉が減ったときに悲しみます。しかし、そこでしっかり親が、「長期投資の重要性」「短期での損益を追わない」「収入の一部を投資に回す」ことを教える必要性があるのです。

ぜひ親子で投資を楽しんでみませんか?

>>ジュニアNISAもネット証券の王者!株デビューするならSBI証券

>>お年玉で、米国個別株なら!ワンタップバイ

>>ジュニアNISAも!楽天ポイントも!楽天証券

>>ジュニアNISAは米国個別株手数料無料、マネックス証券

Pocket
LINEで送る

ABOUT ME
エフピーティー
株式投資を勉強している37歳、男です。積み立て投資と子供たちへの投資教育を実践中!