子供と投資

【2019年10月から無償化】保育園・幼稚園をタダにしても、少子化は解消しない。

Pocket
LINEで送る

お疲れ様です、エフピーティーです。

消費税増税に伴い、2019年10月から保育園・幼稚園が無償化になるそうです。詳しい内容がわからないまま来年を迎えるのには、心配があります。

でも、

「どの範囲で、どの金額が無償化になるのでしょう?」

今回は、会議で決まった保育園・幼稚園無償化と少子化について考えていきます。

スポンサードリンク

保育園・幼稚園無償化の内容

・条件がたくさんありすぎる

「幼稚園、保育所、認定こども園以外の無償化措置の対象範囲等に関する検討会 報告書」を見てみると、

<幼稚園、保育所、認定こども園以外の無償化措置の対象範囲等に関する検討会 報告書より>

全部で、8つのパターン。どれも、いろいろあって見るだけでも、結構大変です。

「私は、どのグループなんだ?」ぐらいのことは、なんとか分かりますが、

「給食代・バス代・教材費などは無償?」「預け先は、しっかりあるのか?」「私立幼稚園補助金とかは無くなるの?」

このような課題は解決していません。とにかく、「国民に払う上限を決めたい!」という金の亡者的発想です。

 

・きっちり決まっている上限

まず、「上限金額がきっちり決まっている。」ここが、政府の考えがモロに出ています。

表を見て思うんですが、とにかく政府は、金、金、金・・・なんですよね。

この金額以上は払いたくない!という明確な意思表示。こんなこと言ってたら、絶対に子供なんて増えません。

「子育て」=「金」

「少子化解消」=「金で解決」

という考えしかありません。本当にお金だけだと思っているのだろうか?

お金が増えれば、子供が増えるのだろうか?

・お金がないのが、少子化の根本原因ではない

ここに、少し古い調査ですが、gooリサーチと毎日新聞社による共同企画調査<第1弾>があります。

<gooリサーチと毎日新聞社による共同企画調査(第1弾)少子化についてのアンケートより>

経済的理由なんて、約3割しかないんですよ。ほとんどが、

育児はめんどくさい!

という理由なんです。しかし、「楽しみを増やしたい」「わずらわしい」を減らして行くには、お金では解決できません。

お金よりも時間、つまり『趣味や楽しみの時間を減らさず、わずらわしく感じさせない子育て』をする時間を与えない限り、少子化なんて解消しません。

 

・心に余裕が必要

私的な考えですが「子供を育てるって、心に余裕が必要」なんだと思っています。

「給料や稼ぎが少ないから、子供を作らない」のではなく、

「給料や稼ぎが少ないために、心にゆとりが無いから、子供を作らない」のだと思っています。(今回は、子供が欲しいけどできないなどの場合は除きます)

それを保育園・幼稚園無償化したところで解消すると思います?

昔ながらの専業主婦を中心とした日本ではないんです。

<内閣府「平成28年度男女共同参画白書」より>

今や、専業主婦なんて全世帯の3分の1だけなんです。

3分の2の家庭は、共働きでさらに家事のほとんどは女性ばかり。

いかに女性(子供がいようがいまいが、関係なく)の負担を下げるかが大切なんだと思っています。

そして、男が家事をして完全に同じ状態になる日が来て欲しいなぁ。

まとめ

国・財務省としては、「子供のためにお金を使ってるんだから、消費税上げてもいいでしょ!」という、単純な理由がすぐ分かります。

子育てをまともにしていない人間が考えそうな内容です。

子育てって、お金も大事ですが、お金だけで決めている人なんていません。大学までのお金が大変というのも、確かにそうです。でも大学のお金を考えて、子供を作らないという人います?いないと思うんだけどなぁ。

お金以上に、生活にゆとりを持てるような国の制度(働き方改革や働く人の意識)に変えて行く必要がありすぎると思っているのは、私だけでしょうか?

 

スポンサードリンク

Pocket
LINEで送る

ABOUT ME
エフピーティー
株式投資を勉強している37歳、男です。積み立て投資と子供たちへの投資教育を実践中!