株式投資

【5万円につき500円】2ヶ月に1度、約500円のお小遣いがもらえる方法

お疲れ様です、エフピーティです。

2018年6月26日に、新興国債券ETF(1566)を購入

したことは、ご紹介しました。

 

7月に入り、新興国の不安が収まったのか?

少し値を上げています。

 

今回は、7月の分配金額が確定したのでご紹介しつつ、

新興国債券(1566)のさらなる魅力をお伝えしたいと思います。

スポンサードリンク

 

2018年7月の分配額が決定。

・ホッとする金額。

新興国債券(1566)の分配金の額が、決定しました。

<日興アセットマネジメント株式会社 ホームページより>

今回は、486円となりました。

 

「もしかすると、前回よりさらに減るのではないか?」

と思っていたのですが、現状維持でした。

<同上>

このまま、500円近辺で継続してほしいですね~。

 

・2000円を隔月で。

もらうためには、NISAで買う方が、税金(20%)を引かれないため利益が大きくなります。

 

私の場合、NISAで4株を保有していますので、

486円×4株=1944円。

(普通に買えば、1555円)

 

もしこのまま、486円を継続するとすると、

1年間で、1944円×6ヶ月=11664円。

(普通に買えば、9330円)

 

5万円の投資が、年間11664円を生み出します。

5年投資すれば、地球規模のショックが起きて新興国が崩壊しても、元が取れますね。

 

5年後には、ただ分配金を吐き出すだけの、無料の機械になりますよ。

 

スポンサードリンク

米国利上げと新興国。

・今なら値上がり益も狙える!

現在、新興国債券は最安値近辺。

<SBI証券ホームページより>

設定依頼、5万円を少し下回る金額で反発しています。

 

分配金だけに着目されがちですが、

新興国不安よりも、

米国利上げによる「新興国⇒米国」資金の流れが強烈です。

 

新興国自体に大きな問題を出している訳ではありませんから、

今のところ心配はありません。

 

米国利上げが落ち着き、新興国の経済発展がさらに進むと考える人は、

値上がりでの利益も期待できます。

 

実際の所、私も2回分の分配金の額の値上がり利益をすでに得ています。

<SBI証券ホームページより>

これは、辞められませんね。

 

・ヘッジされるかも?

 ヘッジとは、「投資対象の価格変動に伴うリスクを回避すること」です。

 

米国は景気が良ければ、利上げを行います。

つまり、

米国経済の調子が良いと、新興国からの資金流出(債券価格上昇)

反対に、

米国経済の調子が悪いと、新興国への資金流入(債券価格下落)

 

このため、新興国債券への投資は、

米国株を投資の中心にしている私には、少しでもリスクを減らす役割も兼ねています。

まとめ

新興国債券、毎日の取引が少なく、人気がないんですよね。

「値動きが大きいため、嫌われているのか?」

「多く売れては困るのか?」

理由は良く分かりません。

 

悪名高い「毎月分配型投資信託」に近いのに、

人気がないんですよね。

 

とはいえ、面白いETFであることに変わりはありません。

 

全財産を入れるには、危なっかしいものですが、

2ヶ月に1度のお小遣いが欲しい!

人にとっては、分かりやすいETFです。

 

自分も、もう少しNISAの枠に余裕があるので

49000円を割れば、もう少し買う予定です。

皆さんも、いかがですか?

ABOUT ME
エフピーティー
株式投資を勉強している39歳、男です。積み立て投資と子供たちへの投資教育を実践中!