楽天経済圏で生きる

楽天ペイアプリが更新するも、LINE Pay・PayPayほどの魅力なし!

お疲れ様です、エフピーティーです。

『LINE Pay』『PayPay』に還元率で遅れていた、楽天ペイ。

「期間限定ポイントも使える、便利なキャッシュレスサービスなのに還元率で負ける」残念なサービスになっていました。

しかしアプリが更新され、3月25日から還元率を大幅にアップして他の2社に挑む構図が出来上がりました。

<楽天ペイホームページより>

エントリーが必要なので注意が必要ですが、楽しみな楽天ペイのキャンペーンについてご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

楽天ペイの還元率

還元率10%、15%、20%

最も大事なことは、還元率。3月25日からの楽天ペイの還元率は、10%、15%、20%の3つに分かれます。

ただし、条件が3つあります。

条件①:キャンペーンにエントリーすること(3月25日~4月8日まで)

条件②:3月25日~4月8日までに決済すること

条件③:楽天カードを決済に指定すること

この2つを守る必要があります。

条件を守ると高い還元率を得られますが、パターンにより得られる還元率が3種類になります。

還元率10%、15%、20%

期間中に得られる還元率は、10%、15%、20%の3種類。

パターン①:楽天ペイ決済が初めて、期間中に3回以上使用で、20%還元

パターン②:楽天ペイの使用歴があり、期間中に3回以上使用で、15%還元

パターン③:3回以上使わなかったら、10%還元

この3つのパターンなります。

<楽天ペイホームページより>

今まで楽天ペイを使っていた人は、どんなに使っても15%還元にしかなりません。

これであれば、『LINE Pay』『PayPay』の方が還元率が高いので、あえて使う必要がありません。

『LINE Pay』『PayPay』がキャンペーンをしていないときの、3番手になります。

使える店舗

メインとして考えられるのは、「ファミリマート」と「ローソン」の2つでしょうか?

<楽天ペイホームページより>

ここも目新しさはありません。『PayPay』のように家電量販店での使用も少ないので、『PayPay』の方が魅力があります。

スポンサードリンク

他にも使えるサービス

他にも、楽天ペイアプリの使えることは増えています。

ただ、楽天キャッシュを仲介しての作業ですから、難しくなります。

・ラクマからのチャージ

・楽天カードからチャージ

・アプリ間で無料送金

どれも目新しいサービスはありません。『LINE Pay』でも『PayPay』でもできるサービスですから、目新しいものはありません。

これだと、大きくシェアを奪うのは難しそうです。

まとめ

今回とても残念なのは、以前から使っている人にとっては、還元率が15%ということ。

今回のキャンペーンで、3社の中で抜き出たサービスはありません。使用の3番手になりそうです。

『LINE Pay』が3月月末で20%還元キャンペーンが終わりることを考えると、その後の移行先として使えます。

ただ『PayPay』の還元率20%方がまだ高いですので、『PayPay』も有力な選択肢です。

1番良い方法は、3つのキャッシュレス決済を用意しておいて、還元率が高いキャンペーンを乗り換え、使い続ける事になりそうです。

「1日1プッシュ」が、励みになります!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(30代)へ
にほんブログ村

ABOUT ME
エフピーティー
株式投資を勉強している39歳、男です。積み立て投資と子供たちへの投資教育を実践中!