楽天経済圏で生きる

放置気味の楽天ポイントは、ポイント運用で「ポイントがポイントを生む状態に!」なります。

Pocket
LINEで送る

お疲れ様です、エフピーティーです。

楽天ポイントを貯めていると、「すぐには使う予定はないけど、取っておきたい楽天スーパーポイント」が発生する場合があります。

私の場合は1万2000ポイント近くあり、楽天証券で投資信託を買うためにスーパーポイントのために保有していました。

そのまま放置しておくのがもったいないため、始めたのが2018年の10月

9ヶ月以上行っていますが、しっかりと利益を出すことができています。

今日は、楽天ポイントクラブの『ポイント運用』について見ていきたいと思います。

スポンサードリンク

『ポイント運用』の結果

9ヶ月の成果

9ヶ月の成果は、このようになりました。

<楽天ポイント運用より>

1万2000ポイントが、何もせず610ポイントを生んでくれています。

610ポイントと言えば、楽天で6万1000円買い物をしたことと同じ意味ですから、凄さが伝わってきます。

さらに、積立投資ではないので、タイミングによっては異なる結果が出て難しいのですが、5.5%も利益を出しているのですから、「素晴らしい」としか言いようがありません。

2つのコースの結果。

1万2000ポイントは、それぞれ

「アクティブコース」=6000ポイント

「バランスコース」=6000ポイント

に分けて投資をしていました。

 

「アクティブコース」は、株式の比率70%、債券の比率が30%でハイリスクハイリターンです。

「バランスコース」は、株式の比率30%、債券の比率が70%でローリスクローリターンです。

私は、結果を比べるために両方に投資をしていました。結果を見ると、

<楽天ポイントクラブ、ポイント運用より>

「アクティブコース」6262ポイント

「バランスコース」6348ポイント

結果としては、株高の現状であるにも関わらず、「バランスコース」の方が、結果が良い状態になっています。

「値動きが少ないのにポイントが多い」買ったタイミングが良かっただけですから、素直に、「バランスコース」が優秀とは言い切れません。

では、「これから始めたい初心者の人は、どちらのコースを選べば良いのでしょうか?」

次の章で見ていきましょう。

スポンサードリンク

どっちのコースがおススメ?

「アクティブコース」と「バランスコース」

ポイント運用には2つのコースがありました。

結論から言えば、「バランスコース」がおススメです。

それは、なぜか?

「アクティブコース」でポイント運用を行うくらいのリスクを取っても良いと考えるなら、楽天証券の口座を開設した方が、様々な制限が無くなるからです。

色々な投資信託を選べますし、売却時には現金にすることができます。

それも「1ポイント=1円」にかえることができるのですから、メリットでしかありません。

投資にアレルギーがある方、怖い方が「バランスコース」で様子を見ることには意味があります。

ぜひ、心配性の方で寝かせているのポイントがある人は、「バランスコース」を選んで、ポイントを増やしてみませんか?

減ってもポイントですから、問題ありませんよ!

まとめ

現金でもそうですが、寝かしたままでは何も生み出しません。

ポイントは、使い勝手・今後の予定など、様々な用途が考えられますが、楽天スーパーポイントは寝かしておくだけでは、1ポイント=1円の価値しか生み出しません。

「お金がお金を生む状態」を作ることができれば、生活が安定します。

同様に「ポイントがポイントを生む状態」を作るためにも、怖がらずポイント運用を始めてみましょう。

「1日1プッシュ」が、励みになります!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(30代)へ
にほんブログ村

Pocket
LINEで送る

ABOUT ME
エフピーティー
株式投資を勉強している37歳、男です。積み立て投資と子供たちへの投資教育を実践中!