楽天経済圏で生きる

楽天スーパーポイントを稼ぐコツは、たった3つのポイントを守るだけ

お疲れ様です、エフピーティーです。

今年もあと残り2日なりましたが、12月も楽天での買いものをたくさんしました。12月は、3回もポイントアップのお祭りがあり2回も参戦してしまいました。2回も楽天で購入したため、我が家は段ボール生活です(笑)

これほど『楽天経済圏で生きる』とポイントもたくさんたまり、ポイントを投資へ回す量も増えてきました。

今回は、楽天スーパーポイントとポイントを使った投資の1年のまとめをしていきたいと思います。

スポンサードリンク

楽天スーパーポイント投資信託の結果

今年は、スーパーポイント貯めました。

楽天証券がポイントで投資信託を買えるようになり、買い物は楽天でポイントを貯める事を念頭に頑張ってきました。その効果が、年間の獲得ポイントに出てきました。

<楽天ポイントクラブより>

「どうですか?この伸び!」楽天経済圏で生きるということは、こういうことです。2017年と比べると5倍、2016年と比べると10倍になります。

ポイントを伸ばすコツは、わずか3つ。

その①:楽天ゴールドカードを作る(年会費2160円)

その②:楽天モバイルを契約する

その③:買い回り、ポイントバックで10倍にする。

この3つを守るだけです。あとは、『楽天証券でポイント投資』や『引き落としを楽天銀行』などもありますが、簡単で大きなポイントは①、②です。

<楽天ホームページより>

その①②の2つだけで7倍まで行きますから、大きくポイントをゲットできます。年会費も、通話料もポイントで賄えます。後は、買い回りの際にまとめて買うだけで、10万ポイント近くポイントを稼ぐことができるのです。

ためたポイントは、投資信託に回す

貯めたポイントは、期間限定ポイントと通常ポイントの合算です。

期間限定ポイントは次の買い回りに使い、通常ポイントは投資信託に使うことで効率的にポイントが稼げます。

通常ポイントは楽天証券で運用することで、現金化に近い形になりますし、+1倍のポイントになり、一石二鳥です。

ただし投資の結果はあまりよくありませんが、、、

<楽天証券ホームページより>

ポイント運用の総額が22400円まで増加しています。ただ、まだ投資信託に回していない通常ポイントがあるので、毎週少しずつポイントを回して行きます。

スポンサードリンク

ポイント運用もしています。

『ポイント運用』と『スーパーポイント投資信託』

『ポイント運用』は、ポイントをそのまま投資に回し、ポイントが増減します。解約すると、ポイントで戻ります。

上記の『スーパーポイント投資信託』は、ポイントで投資信託を買います。つまり『ポイント運用』と最も大きな違いは、解約の際が現金になります。

それでは、『ポイント運用』の成績を見てみましょう。

<楽天ポイント運用より>

どちらも6000円投資していますが、549ポイントのマイナス。「悔しいです!!」

『ポイント運用』は、いずれ『スーパーポイント投資信託』に回っていくので、仮設ポイント置き場として、活躍しています。

まとめ

こうやってみると、自分自身が1年間で一番成長したのが、楽天でのポイントの使い方です。

【学ぶこと、調べること】で大きくポイントに対する考え方が変わります。ポイントを貯めるのが好きな方は少し目線を変えるだけで、投資に向いていると思います。

どちらも資産を育てることに、楽しさを見出している訳ですから。ぜひ、ポイントを貯める人は、2019年、投資を始めてみてはいかがでしょうか?

>>No.1ネット証券ではじめよう!株デビューするならSBI証券

>>少額取引で手数料最安!ワンタップバイ

>>楽天ポイントを使って、損を出さない投資!楽天証券

>>無料で資料請求、マネックス証券

ABOUT ME
エフピーティー
株式投資を勉強している39歳、男です。積み立て投資と子供たちへの投資教育を実践中!