「iDeCo(イデコ)」と「つみたてNISA」

今週のお買い上げ PFF 【米国株ETF】

Pocket
LINEで送る

先週も買いました。


お疲れ様です。エフピーティーです。

今回は第3週目なので、PFFを購入しました。

スポンサードリンク

PFF(米国優先株式)というやつです。どのくらい買ったかって?もちろん1単位です。

大体38ドルで買えるので、約4200円くらいってことですかね。買った結果は、下の通りです。

米国株絶好調な時に、唯一の青色です。マイナスです。

でも、いいんです。毎月1単位ずつ購入して、ここまできました。10単位。

でもPFFは、値上がり益を追求している訳では、ないんです。

 

毎月、少しずつの入金がいいんですよ。

9月では、1単位あたり 0.175085 ドルの入金があるんです。

つまり、日本円に直すと176円、振り込まれるんです。

まぁ、源泉徴収で16円引かれて、実質は、

160円。

 

でも、日本の利子に比べたらすごくないですか?

おいしいコーヒーが、コンビニで1杯飲めますよ。

 

年利に直すと、約 5.4 %ですよ。

まぁ、毎回1単位あたりの金額が増えていく訳ではないので、その辺が心配ですが、でも嬉しくなっちゃいます。

注意点としては、

これがNISA口座ではないと、税金でさらに20%減るというところです。

少ないだけに、これは痛い。

 

アメリカにも納税して、日本にも納税。

「なんて心が広い、道徳心あふれる人なんだ!」

ってことになってしまいます。

 

私は、それほど心がひろくないので、NISA口座でアメリカのみに税金払ってます。(日本に払ってないだけで、それはそれはなんか変ですが)

今回手に入れた、 1.43ドルは、次の投資までそのままです。円に両替なんて考えていると、円高にビクビクしてしまいそうで、ドルの方がありがたいです。

自分としては、PFFのメリットを

①毎月お金が入る、安心感

②円でもらうと使ってしまう。(スノーボール投資ができな  い)

と感じてしまいます。

デメリットとしては、

①キャピタルゲイン(値上がりラッキー)が期待できない。

②大暴落時に、債権ほど強くない

ってことでしょうか。

でもいいんです。もし、暴落したら買い増せばいいし、FANG株のようにキャピタルゲインがなくても。

毎月チャリーンの感覚が好きなんです。

 

それなら、毎月分配型の投資信託でいいんじゃね?と考えたあなた!

それは、違います。

毎月分配型の投資信託は、悪どいです。

①手数料が高い
②分配金が元本の取り崩し
毎月分配型の投資信託は、見せかけの分配金です。
それに比べ、ETFであるPFFは見せかけではないので、大丈夫です。
他の米国ETFに比べると若干曲者ですが、毎月お金が欲しい人には、本当にオススメです。
他にも毎月分配金が出るETFもあります。債権系のETFは、毎月分配型が多いですよ。AGG、BNDなど、興味がある人は、調べてみてください。

スポンサードリンク

Pocket
LINEで送る

ABOUT ME
エフピーティー
株式投資を勉強している37歳、男です。積み立て投資と子供たちへの投資教育を実践中!