「iDeCo(イデコ)」と「つみたてNISA」

すっかり忘れていました。イデコちゃんごめん。

お疲れ様です、エフピーティーです。

今回はクイズ、最近の三男(2歳8ヶ月)の好きな言葉「ちゃかい、ほうか、いただいてす」。

さぁ、何のことでしょう? シンキングタイム!

3

2

1

ブッブゥー!

私も色々考えましたよ。お茶会に行きたいのか?木下ほうかさんなのか?

そこに割り込む長女。

違うよ「高い方をいただきます」だよ。

えっ?

高い方をいただきます?そんなガメツイ発言、あったかな?

と考えていると、次女が「これ!」とテレビのCMを指さします。

正解は、

「高い評価をいただいています」(byチューリッヒ)

でした。

それには、家族で大爆笑。2歳児が、「高い評価をいただいています」って言うと想像するだけで、おもしろいですね。

スポンサードリンク


存在を忘れいていたiDeCo(イデコ)

1月に入り、つみたてNISAが始まったこと、子供のジュニアNISAで毎日投資信託を積み立てること、などいろいろ考えていたら、自分にイデコがあることをすっかり忘れていました。自分の投資の中でも、地味になりつつあるイデコ。

ごめんよぉ〜、イデコ

許してくれよ〜イデコ

これからは、ちゃんと相手するから。

いや、イデコちゃんご立腹です。目が怖いっす。

だって、「つみたてNISAちゃん」は、生まれたばかりで色々してあげないといけなんだよ、

それにあんまり盛り上がって無いみたいだし、つみたてNISA。

これからは気をつけるので、許してちょうだい。

 

投資していることをすっかり忘れるというメリット

イデコで毎月12000円引き落とされている実感がなくなっていました。

しかし、この長期投資特有の

 

POINT少しの値動きに一喜一憂しない。

引き落とされていることを忘れる。

 

この2つは、つみたて投資のスーパーメリットだと思うんです。

人間誰しも、投資をすると値動きが気になる。生活の片隅に少しだけトゲのように残るんですよね。

つみたてだと、忘れられる。

そして年月が経って気が付いた時に、まとまった金額になっている。

これこそ私のような初心者かつ小心者には、ぴったりなんでしょうね。

ですから、今年初のイデコの運用成績です。

 

イデコの運用成績

このようになりました。

いやー、2017年の株高に乗り、アクティブファンドが当たったら、素晴らしいパフォーマンスですね。

「ジェイリバイブ」も「ひふみ年金」もアクティブファンドですから、手数料(信託報酬)激高!

それなのにこのパフォーマンス。アクティブである以上、こうでなくてはいけません。

もうしばらくどちらのファンドも継続の方針ですが、成績が奮わなくなれば、

速攻で切ります。

それこそ、アクティブファンドの運命です。

今年もイデコを忘れずに、ちょいちょい見て行きたいです。

イデコちゃんに切られる前に・・・

スポンサードリンク

 

ABOUT ME
エフピーティー
株式投資を勉強している39歳、男です。積み立て投資と子供たちへの投資教育を実践中!