ポイント関連

【悲報!】Tポイントは、すでに『終わりの始まり』を迎えている。

お疲れ様です、エフピーティーです。

「皆さんポイント貯めてますか?」今日から始まるのは、paypayの20%還元キャンペーンの第2弾。詳細については、以下。

【ビッグニュース!】paypayの高還元率のキャンペーンが再開!お疲れ様です、エフピーティーです。 2018年年末、決済サービスで話題を巻き起こしたのが、『paypay(以下:ペイペイ)』の「1...

新たなキャンペーンの中で少々気になるのが、Tポイントの話。最近、「Tポイントを終了する」「Tポイントから別のポイントへ」という話をよく目や耳にします。

今回は、Tポイントを廃止している(検討している)企業について調べていきたいと思います。

スポンサードリンク

既に縮小は、始まっていた!

まずは、ドトール。

ニュースなどで目にした方も多いはず、株式会社ドトールが「2019年4月19日をもって、Tポイントサービスを終了する」という発表を行いました。

<株式会社ドトール ホームページより>

たかが1社の廃止だけであれば、それほど問題にはなりません。しかし、ひっそりと変えている大きな連携先があるのです。

ソフトバンクが、ひっそりとTポイントを終了している

個人的には、ドトールよりも「ソフトバンクがTポイントを減らしている」事の方が、重要に感じます。

大きな変更点は2つ。

変更①:yahooショッピングの付与が、Tポイントからpaypayへ

変更②:「長期継続」「安心保障パック」の特典付与を、Tポイントからpaypayへ

変更点の①、②を見て分かる通り、ソフトバンクはTポイントを辞めて自前のpaypayに移行する考えが明確に伝わってきます。

<paypay ホームページより>

 

<ソフトバンク ホームページより>

これまで「ソフトバンク」で「Tポイント」を貯めていた人は、どこかの場面で「Tポイント」を「paypay」に変更しなければいけなくなるはずです。

Tポイントが大口のソフトバンクを辞めれば、Tポイントの価値が下がることは間違いありません。

今後もTポイントを終了する企業のニュースが出てきそうです。

スポンサードリンク

Tポイント、ピンチ!!

次は、ファミリーマート?

ファミリーマートについては、まだ憶測の段階を過ぎません。少し古いニュース記事ですが、

<Jcastニュース 2017年6月8日付け記事より>

しかし、ニュースが出ていたということは可能性がないわけではありません。

paypayの導入もファミリーマートが一番早いだけに、Tポイントからpaypayに移行するのではないかと、予想しています。

個人情報の

2019年の1月には、「Tポイントが、勝手に警察に個人情報を渡す」というニュースもありました。

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/245894

<日刊ゲンダイホームページより>

商品購入履歴なども警察に提供している訳ですから、信頼を損ねる行為であることに間違いはありません。(個人的には、犯罪を取り締まるためには全然OKなのですが、、、)

Tポイントのイメージを悪くするのに一役買ったことには間違いありません。

まとめ

6480万人が利用する、日本最大のポイントカードサービス。今までポイント業界を引っ張っていただけに、Tポイント離れが加速すると大きな流れになることは間違いありません。

「ポイントを貯めている人が、どこのポイントに流れていくのか?」その謎を解くカギは、「キャッシュレス決済」との連携になってくると思います。

paypay、LINE、楽天、それぞれ決済サービスとポイントを兼ね備えていますから、この3社などが、今後Tポイントのシェアを奪っていくのではないかと予想しています。

キャッシュレスサービスに加え、ポイントサービスも今後目が離せません。

ABOUT ME
エフピーティー
株式投資を勉強している39歳、男です。積み立て投資と子供たちへの投資教育を実践中!