ポイント関連

【投資未経験者、必見!!】ポイント運用は、証券会社いらずの新たな投資手法です。

Pocket
LINEで送る

お疲れ様です、エフピーティです。

今日は、次女の就学時検診。

「就学時検診?」と思った、そこのあなた!

育児に関して、妻に任せっきりですね~。

かく言う私も、長女の時は存在すら知りませんでした・・・トホホ

 

就学時検診とは、小学校入学前の子供を集めて身体計測や発達検査を行うものです。

長女の時であれば、行くことができなかった行事のひとつ。

今回、このような行事に参加できるのも、育児休業のおかげ。

楽しんで、次女とともにワクワクして参加できそうです。

 

ワクワクと言えば、

10月から始まった楽天の『ポイント運用』

証券口座もいらず、簡単に投資信託を購入できる優れもの。

今回は、暴落前に購入してしまったおバカな人間の、ポイントの変化

お伝えしたいと思います。

スポンサードリンク

暴落前と暴落後の『ポイント運用』

・暴落前に、4000ポイント購入。

自分の相場観がないのは、自分自身が一番よく知っています。

暴落前の10月5日に4000ポイントを、『ポイント運用』に回しました。

(10月13日には、2000ポイントを追加投入)

<楽天ポイントクラブ ホームページより>

暴落後、一体何ポイントに減ったのでしょう?

結果は、こちら。

<楽天ポイントクラブ ホームページより>

4000ポイント中、85ポイントが減っています。

どうでしょう?多い?それとも、少ない?

 

CFDやFXを経験していると、少なく感じてしまいます。

今回の暴落で、追証(お金が足りなくなって、お金を入れる)をする日本人も

多かったはず。

それに比べれば、わずか85ポイント減ですから、へっちゃらです。

・コースごとのポイント。

4000ポイントは、【アクティブコース】と【バランスコース】の

2つに3000ポイントずつ分けて投資しています。

それぞれの明細は、こちら。

【アクティブコース】

<同上>

続いては、

【バランスコース】

<同上>

【アクティブコース】が、61ポイント減少。

【バランスコース】が、24ポイント減少。

 

【バランスコース】の、暴落への耐性が感じられます。

どちらも思ったよりも減り具合が少なく、

安心して見ていられます。

・無くなってもポイント。

そもそも、楽天で得たポイント。

汗水たらして得た、現金とは違います。

普通にお店で購入していたら、

手に入らない可能性もあったプラスアルファな存在なのです。

 

価値がないであろう存在を、株式という資本主義経済の根幹に注入する。

なんとも皮肉な投資手法です。

 

言い換えれば、

無料のものに値段をつけようとする超強欲野郎

なのでしょう。

それでも構いません。

ポイントを眠らせず、増える可能性があるのですから。

スポンサードリンク

ポイント運用のデメリット

・運用先が限定されます。

以前の記事でも述べましたが、選べるのは、

【アクティブコース】【バランスコース】の2つのみ。

 

【アクティブコース】が、株70%:債券30%の割合で投資し、

【バランスコース】が、株30%:債券70%の割合で投資をします。

 

良く株式の割合は、100-(自分の年齢)が良いと言われていますが、

バランスコースの割合は、かなり慎重派な印象があります。

 

おすすめするのであれば、【アクティブコース】をお勧めします。

・時間ががかる

投資信託を買ったことがある方は、ご存知と思います。

投資信託は、買ったらすぐに自分のものにはなりません。

受け渡しまで、数日時間がかかるのです。

数日待てば良いのですが、

その間にポイントを引き出せない事態も発生します。

 

例えば、

10月13日に2000ポイント投資しました。

すると反映されるのは、10月16日22時以降。

それまでは、ポイントの引き出しができません。

<楽天ポイントクラブ ホームページより>

このように、一旦購入するとポイントを現金に戻すことができない時間ができてしまいます。

ポイントなので、すぐに必要な場面は少ないかもしれません。

しかしタイムラグは発生するので、

余裕を持ったポイントの移動が大切になります。

まとめ

『ポイントが減る』という今までにない、感覚。

  • 投資が怖い
  • 口座開設がめんどくさい
  • 楽天ポイントをすぐに使う予定がない

この中のひとつでも当てはまる方は、ポイント運用に向いています。

証券口座を開設するのは、本当に面倒くさい。

10口座保有していますが、難しい言葉が多すぎて、

最初の方は、チンプンカンプンになりました。

 

しかしポイント運用は、申し込みとポイントを決めるだけ。それで

『ポイント運用』は、投資信託を買っていると同じ意味になるのですから、

とても便利です。

 

面倒くさい方こそ、ポイント運用に向いています。

Pocket
LINEで送る

ABOUT ME
エフピーティー
株式投資を勉強している37歳、男です。積み立て投資と子供たちへの投資教育を実践中!