ポイント関連

【楽天SPUを攻略!】楽天カードの引き落としを、楽天銀行に設定して+1倍をゲットしよう!送金の裏技もご紹介

お疲れ様です、エフピーティーです。

楽天のSPU(スーパーポイントアップ)が、とても分かりづらい。

毎月のように獲得条件が変わり、対応するのにも苦労します。

7月になり、楽天カードの引き落としを楽天銀行にするとポイントがプラス1倍になるという変更。

<Rakutenホームページより>

今までは、住信SBIネット銀行に引き落とし等を集約させていました。

しかし、

今回の改訂により、口座を変更することにしました。

口座変更は、郵送だったり、口座の確認があったりと、めんどくさいイメージがありました。

「スムーズに引き落とし口座を変更できるのか?」検証していきたいと思います。

スポンサードリンク

楽天カードの引き落とし口座を変更してみた。

・引き落とし口座変更は、とても簡単。

いざ、口座の変更をしようと楽天e-naviのサイトに向かうと、サイトの中に、

「お支払い口座の照会・変更」の文字が!!

照会・変更を押してみると、住信の口座名が書かれており、下には、変更したい口座の一覧があるではありませんか!

<楽天e-naviホームページより>

一覧の中から楽天銀行を選び、支店名と口座番号を入力すれば、それで終わり。

ものの1分で、終了してしまいました。

紙に書いて、ハンコを押して、郵送して・・・

の流れを考えていただけに、あっけにとられました。

 

変更されたかどうか?確認してみると、

<楽天e-naviのホームページより>

即時更新。ほんの数秒で更新が完了しているでは、ありませんか!

なんとも、簡単かつすぐに終了する内容でした。

 

・楽天の引き落としだけ、別口座。

楽天銀行に引き落としを変更したものの、

メインで使っている銀行口座は、住信SBIネット銀行。

「月に1回、支払額を確認し、住信SBIネット銀行から送金」すればいいのですが、

送金無料回数を1回使うのが、どうしても、もったいない。

 

ワンタップバイ に毎月1回(米国株投資に送金)

郵貯に毎月1回(ジュニアNISA口座に送金)

 

自分自身が毎月3回は、無料にはなっていて、

毎月2回は、使い道が確定している。

あと1回は予備にどうしてもとっておきたい

そんな時に使えるのが、

住信SBIネット銀行から、楽天銀行へ無料で(回数を減らさず)送金する裏技を紹介したいと思います。

スポンサードリンク

住信SBIネット銀行から楽天銀行への送金の裏技。

・住信SBIネット銀行からの送金は、もったいない。

支払い口座を変更しただけで、振込無料回数を使うはもったいない。

そこで考えたのが、

楽天証券を使った、三角形送金です。

 

厳密には送金ではなく、入金と出金を楽天証券で行う方法であり、

住信SBIネット銀行  →(入金)→  楽天証券 → (出金)→ 楽天銀行

となります。

こうすることで、タイムラグがなく、即時でお金を送ることができます。

 

・送金ではなく、お金を動かす裏技。

詳しく見ていくと、まず、

<楽天証券ホームページより>

楽天証券への入金する口座を探します。

その後、銀行を選ぶと

<同上>

入金額の決定になります。

 

ここで重要なのが、

楽天証券は、入出金は無料であること

です。

 

入金が完了すれば、今度は出金です。

<同上>

2種類の出金方法がありますが、どちらでも構いません。

私の場合、すぐに金額を確認したい人間なので、マネーブリッジを使います。

<同上>

出金額を決定すれば、晴れて送金が完了します。

 

手数は若干増えますが、

送金手数料をかけず、送金をすることができます。

まとめ

今日ご紹介した方法を使えば、住信SBIネット銀行だけでなく、

送金手数料がかかる様々な銀行から、楽天銀行へ無料で入金

することができます。

 

少しの手間で、手数料を減らす

「小さなことからコツコツと」ではありませんが、簡単に便利さを求めるのではなく、

お金に興味を持ち、的確に使う!

このことが、ケチでもなく、節約でもなく、有意義な使い方であると思います。

 

「手数料を下げた分、投資に回して大きく利益を得る」

これが最終目標であるので、今後も頑張っていきたいものです。

お互い、頑張りましょう!

ABOUT ME
エフピーティー
株式投資を勉強している39歳、男です。積み立て投資と子供たちへの投資教育を実践中!