ポイント関連

【急げ!】22日からLINEのPayトクを使わないと、もったいない!

Pocket
LINEで送る

お疲れ様です、エフピーティーです。

最近、春一番も吹き、いよいよ春が近づいていますね。株価も調子が良く、とてもいい気分で過ごせそうです。

いい気分だけでなく、鼻息が荒くなるようなキャッシュレス決済のサービスに、新たなお得情報が!

LINE Payの『Payトク』が明日、2月22日から高還元を行う情報がありました。今日は、LINEの『Payトク』について、見ていきたいと思います。

スポンサードリンク

LINEの『Payトク』は、使わないと損!

驚異の還元率、20%以上

LINEの『Payトク』を明日2月22日から28日までの間に行われるキャンペーンです。還元率は、驚異の20%越え!100円使うと、20円以上が返ってくるというキャンペーンです。

『Payトク』とは、購入するときに、「コード支払い、オンライン決済、請求書払い」を使うことにより、ポイントで還元を受けることができます。

現金ではなく、キャッシュレス決済を行うだけです。こんな簡単なことはありませんよ。

20%以上ということですが、LINEのマイカラーによって、還元率が少し違います。

<LINE Payホームページより>

例えばコンビニで使う場合、今回から始める人は、ホワイトの0.5%が加算され、さらにコード支払いの3%が加算され、合計23.5%がポイント還元されるということになります。(1ポイント=1円)

ただし、期間中の上限があります!

20%の還元は、どこまでも使える訳ではありません。

還元の上限金額は5000円までですから、約2万5000円を超えると、いくら買っても5000円しか還元されません。(コード支払いなどの場合は、さらに3%還元されるので、2万2~3000円が上限になります。)

使える店舗も多いです。

使えり店舗も、たくさんあります。日本であれば、必ず近くに見つけられます。

<LINE Payトクより>

主としては、コンビニ、ドラッグストア、家電量販店などが使い勝手の良い所になるとは思います。

これだけの店舗で20%還元ですから、買うものがある人はぜひ『LINE Pay』を使ってみましょう。

スポンサードリンク

混沌を極める、キャッシュレス決済

どれを使うのか?

消費増税の緩和策として、ポイント還元を受けるためのキャッシュレス決済のサービスが、乱立してきました。

<CROWD CAST[ Takashi Hoshikawa様]より>

こんなにあるんですよ。キャッシュレス決済サービス。その中で今日紹介した「LINE Pay」はその中の一つ。

全員が購入履歴などの情報を手に入れようと、また決済サービスの主流になろうとシェア拡大を狙っています。

この中から、残っていくものは2~3つ程度になると予想されます。

今後は、3強に集約される!(予想)

この中から一つを選ぶのは、難しいです。多くの人が、重複して保有していますから、「どれを使うか?」まで考えると大変になってきます。

ここで重要なのは、使える店舗の導入コストです。

原状では交通系の電子マネーが多いですが、機械を設置する必要もあり店舗の導入が進みにくい。

そうなると、今後導入が簡単なQRコード決済が急速に伸びてくることが予想されます。

実は!田舎である我が家の付近も、paypayが使える店舗が増えているのです。都会の進行速度はさらに早いでしょうから、予想より早くQRコードが主流になってくるのではないか?と推測できます。

となれば、以前から予想している、資本力があり、スマホと相性の良い「LINE Pay」「楽天Pay」「paypay」あたりが勝っていくという予想がより強く思えるようになりました。

まとめ

「paypay」の『100億円あげちゃうキャンペーン』、

「LINE Pay」の『Payトクキャンペーン』

どちらも20%以上の還元を行う、大盤振る舞いのキャンペーンであることに間違いありません。

「楽天pay」の動きが鈍いことが気になりますが、「paypay」「LINE Pay」のサービス合戦は、キャッシュレスサービス独占に向け、この後も続くことが予想されます。

激戦の中でこそ、お得なサービスが生まれますから、今後も注意深く見守っていきたいと思います。

Pocket
LINEで送る

ABOUT ME
エフピーティー
株式投資を勉強している37歳、男です。積み立て投資と子供たちへの投資教育を実践中!