ふるさと納税

【ふるさと納税のランキング発表!】ふるさと納税の還元率が高い、お得な市町村を一挙にご紹介。

お疲れ様です、エフピーティーです。

7月6日に、国の機関である自治税務局市町村税課から、

平成29年度 ふるさと納税に関する現況調査結果

が、発表されました。

 

この調査結果を見ると、ふるさと納税の合計額、県別の納税額、市町村の納税額ランキングが分かります。

 

ただ、私、エフピーティーが1番興味を持ったのは、

国から名指しされた、札付きのワル市町村一覧。

 

ワル市町村一覧を見ることで、簡単に納税先を決めることができます。

今回は、平成29年のふるさと納税の傾向と、今後の対策について見ていきたいと思います。

スポンサードリンク

国と納税する納税者は、受け方止め方が反対。

・還元率を30%にしなかった市町村一覧。

国の調査の場合、お固い内容が多くて、見る気が起きません。

しかし、今回はふるさと納税の結果とあって、詳しく見て見ると、とても役立つ一覧を発見。

それが、これ

<平成29年度 ふるさと納税に関する現況調査結果より>

いいですね〜、国の怒りがヒシヒシと伝わってきます。

国は名前を挙げるほど、プンプン状態です。

 

だって、この12市町村、

返礼割合3割超の返礼品および地場産品以外の返礼品をいずれも送付している市区町村で、平成30年8月までに見直す意向がなく、平成29年度受入額が10億円以上の市区町村

<平成29年度 ふるさと納税に関する現況調査結果より>

つまり、

「国の指示に逆らって、お金集めまくるとは、何事じゃ、ワレ!」

それも、名前入りで!

怖、完全に目をつけられています。

生徒指導の教師に目をつけられた不良少年グループです。

 

さらっと、見ればそれだけなんですが、よーく考えて見ると、あることに気づいたんです。

 

・納税者側に立つと、一転

国から見れば、

「返礼率3割を超え、地元に還元の少ない商品を送っている市区町村」

しかし、それを納税者目線で考えてみてください。

 

「返礼率3割を超え」→「還元率が高い超お得商品」

「地元に還元の少ない商品」→ 「日本全国誰でも役立つ商品」

 

つまり、表に載っている12市区町村は、

国が認めたふるさと納税のスーパーお得な市町村、ベスト12

になります。

 

茨城県 (境町)

岐阜県 (関市)

静岡県 (小山町)

滋賀県 (近江八幡市)

大阪府 (泉佐野市)

福岡県 (宗像市、上毛町)

佐賀県 (唐津市、嬉野市、基山町、みやき町)

大分県 (佐伯市)

合計12市区町村。

 

この12市区町村から選べば、ふるさと納税に悩むことはありません。

「お得さ」は、国が保証しています。

私も、大阪府泉佐野市には、今年お世話になりました。次回もこの12市区町村を中心に調べていきたいと思います。

スポンサードリンク

ふるさと納税の実情。

・ふるさと納税は、着実に増えている。

12市区町村だけではなく、全国的な状況を見て行くと、色々面白いことが見つかります。

まずは、受入額と受入件数。

<同上>

平成26年から、急激に増加しています。

 

ワンストップ特例(確定申告が不必要になる制度)

納税額の上限が2倍に増える。(住民税額の1割→2割)

 

2つの改定が平成26年以降に行われており、これを機に爆発的に増えてきたと言えるでしょう。

 

3653億円(1730万件)のふるさと納税実績

があるのです。

 

「なんだか難しいそう」「めんどくさい」「拒否感がある」などと言う人は、

道端にお金を捨てている

ことと同じです。知らないことは、損をすることなのです。

 

「少しの人しか知らなくて、私は知らない」は許されますが、

「多くの人が知っていて、私は知らない」は、

お金に興味がない人です。

 

・本当のランキング

次の資料は、本当のランキングです。

受入額と受入件数を見てみると、

<同上>

宮崎県(都農町、都城市)、静岡県(焼津市)など、

ふるさと納税の始まって間もない頃の人気市もありますが、

 

やはり、

返礼率の高い市区町村が人気です。背に腹は変えられないのです。

 

・理想的な使われ方

今回の調査結果の、もう1つの重点。使われ方の素晴らしい市区町村の紹介。

<同上>

はっきり言って、「どうでも良い」

 

たしかに、私の住んでいる町もそうですが、地方です。

地方も都会も豊かになれば、それは嬉しいのは日本全国同じです。

しかし、実際は

見ても興味が湧きません。「よかったね!」ぐらいです。

これでは、良くないと思いますが、それが本音です。

まとめ

今回の調査結果を見て、わかったことが1つ。

 

自分を含め、ふるさと納税をする人は、

「何に使われた?」のではなく、「何がもらえるか?」

が、1番大切でありそれ以外は、対して興味がないのです。

 

原理原則で言えば、「地域活性化」「税金の有効活用」「納税者意識の向上」、いくらでも考えられます。

しかし、

ふるさと納税をする大部分の人の本音は、「お得な商品はどれだ?」が至上命題なのです。

 

悲しいですが、それが現実なのです。

だからといって、

ふるさと納税に目もくれないのは、

さらに間違えています。

 

「使いずらい、間違っている、悪い法律であっても、

自分のために有効かつしなければ意味がない」のです。

 

「お得を探し、浮いたお金を投資に回す。」

それこそが、至上命題です。

ABOUT ME
エフピーティー
株式投資を勉強している39歳、男です。積み立て投資と子供たちへの投資教育を実践中!