ふるさと納税

2017年上半期・楽天ふるさと納税のランキング発表!これを見たら、しないと損。


お疲れ様です、エフピーティーです。

この冬は、暖かい九州といえど雪が散らつくことが多い。子供たちも、最初は珍しがってテンションが上がっていたものの、今となっては、「寒いからいらない」などと悪態をついております。子供は風の子は、今や昔。今は、子供もヒートテックにカイロです。はぁ、少し悲しさを覚えますね。

スポンサードリンク


2017年、楽天ふるさと納税ランキングの結果

1月30日に、2017年上半期の楽天ふるさと納税のランキングの結果が発表され
ました。

結果は、

 

第1位(宮崎県都農町;2万円)

「うなぎ蒲焼(長焼特大サイズ5尾入)」

 

第2位(北海道白糠町;2万円)

「北海道海鮮紀行いくら醤油味1kg」

 

第3位(宮崎県川南町;1万円)

「参協味蕾豚満喫セット」

 

第4位(宮崎県都農町;2万円)

「うなぎ蒲焼(長焼6尾入り)」

 

第5位(宮崎県都農町;1万円)

「PREMIUM PORK尾鈴豚のハム&ソーセージ」

 

第6位(大阪府泉佐野市;1万円)

「アサヒスーパードライ市制70周年記念缶 350ml×1ケース」

 

第7位(宮崎県都農町;3万円)

「宮崎牛ロースステーキ250g×4枚」

 

第8位(大阪府泉佐野市;1万円)

「ドカ盛!黒毛和牛衝撃の切落し 1.75kg」

 

第9位(山形県東根市;1万円)

「さくらんぼ佐藤錦1kgバラ詰め」

 

第10位(大阪府泉佐野市;1万円)

「よなよなエール 350ml×1ケース」

 

第10位までは、このような感じです。10位以降を知りたい方は、こちらまで

[blogcard url=”https://event.rakuten.co.jp/furusato/special/ranking/2017/”]

 

ランキングから見えること

よく見てみると、人気のあるものは4種類。

肉(4つ)、海産物(3つ)、ビール(2つ)、果物(1つ)。

10位以降を見ても、この傾向は変わりません。強いて言えば、お米やビール以外のお酒がランク入りする程度です。

つまりは、

ちょっとしたぜいたく品!

もしくは、

生活に必ず必要であって、置いておいて困らないもの!

この2つに集約されていくんですね。

ランキングに入らないものは、比較的いつでも購入可能ですから、ランク入りするものは早めの購入がベストです。

 

自分も2017年は、「米、豚肉、鶏肉、牛肉など」をいただきました。

 

今年こそ、始めてみよう!

「投資は、怖い」と思っている人も、ふるさと納税は全くのノーリスクです。

ノーリスクの商品を、「めんどくさい」「分からない」と言っている人は、お金の大事さを理解していません。

他にもいます。

「ふるさと納税は、制度的におかしい」などと言っている人、ただのやせ我慢です。

 

国が認めた方法なんです。意味の分からない建物や道路に使われるのではなく、使い方を指定できる自治体も多い。

税金の使い道を、市町村に丸投げするのではなく、こちらから税金に関わっていく納税者意識を高めるのにも重要だと思います。

納税意識の弱いサラリーマンこそ、活用するべき制度だとFPとして断言します。

スポンサードリンク

 

 

ABOUT ME
エフピーティー
株式投資を勉強している39歳、男です。積み立て投資と子供たちへの投資教育を実践中!