ふるさと納税

2016年のふるさと納税

豚肉、好きですか?

スポンサードリンク



豚しゃぶの肉 / yto

前回のふるさと納税の話では、始めたばかりの2015年のいただきものについて、話をしました。

2016年については、所得税の還付(払った税金が返ってく)と住民税の控除(税金が下がる)かどうか、びくびくしていました。

しかし、還付の通知書や6月には寄付金控除という形で、減っていたので喜んで、「今年もやったるぞ!」という気持ちで調子に乗っていました。

2016年のふるさと納税

この年のふるさと納税は、おっかなびっくりではなく、自信をもってやっていました。特にこの年の目標は、ワンストップ特例に挑戦!

ワンストップ特例とは、

 

寄付するのが、5つまで市町村なら、確定申告しなくていいよ!

でも、所得税は戻ってこないけど、住民税は下げるね!

 

という内容 です。

自分の場合、住宅ローン減税もありややこしいので、困っていましたが、調べてみると併用できるので、やってやりましたよ。それも今年の使える額は、67000円。

悩みましたよ、使い道!毎日ふるさとチョイスです。(アニマル浜口さんの声が聞こえてくる、聞こえてくる)

嫁に相談してみると、

自分「今年は、ふるさと納税で何もらおうか?電化製品とか、アイスとかもあるよ」

嫁「ふーん、却下!」

自分「えっ?なんで?」

嫁「それは、生、活、必、需、品ですか?必需品ですか?」

自分「違います。(ぐすん)」

嫁「子供が3人、よく食べます。いるものは?」

自分「お米とかですか?」

嫁「そうでしょう!米、野菜、肉。でも野菜はご近所からもらうこともあるので、いりません。」

自分「じゃあ、米と肉?」

嫁「はい、それもコストパフォーマンスも考えなさいよ」

自分「はい、わかりました(涙)」

という、天からの声もいただき、肉と米になりました。

2016年もらったもの

そこで狙ったのは、宮崎県都城市です。ご存知の方も多いと思いますが、豚肉がすごい。

10000円で切り落とし5kgでした。(現在は、減少中。残念)

あまりに良かったので、2回目も都城市(嫁のごり押し)!

次は、大万吉豚というブランド豚。

これも10000円で、4kgという素晴らしいコストパフォーマンス。

あとは、岡山県備前市と山形県尾花沢市から、米をいただきました。

まとめると

 

【 米 】白米20kg(備前市、10000円)、玄米30kg(尾花沢市、15000円)

【 肉 】豚肉 5kg(都城市、10000円)、豚肉 4kg(都城市、10000円)

【海産物】 ウニ、ホタテ(静岡県焼津市、20000円)

 

となりました。

「ウニ、ホタテ?」と思われる方もいると思いますが、これは両親への還暦祝いのプレゼントでした。(これについては、嫁も了解してくれ、ありがたや~です)

2017年も楽しみが増えました。

スポンサードリンク

ABOUT ME
エフピーティー
株式投資を勉強している37歳、男です。積み立て投資と子供たちへの投資教育を実践中!