FP資格と私事

【お金が貯まらない人、必見!】FPの私が、1年で100万円貯めるための3つの方法をご紹介します。

お疲れ様です、エフピーティです。

「お金が貯まらない!」「どうやったら、生活にゆとりができるの?」とお金の悩みは、付きません。

私も2年前までは、そうでした。しかし、FP(ファイナンシャルプランナー)の資格を取り、本格的に投資を始めたところ、1年間で簡単に100万円貯まったんです。

でも、節約サイトなどやお金のサイトを見ると・・・「切り詰めろ!」「減らせ!」「止めろ!」「廃止しろ!」のオンパレード。

生活の質を落としてまで、貯めるのは変だと思うんです。今回は、面倒ではない、簡単にできる貯蓄法をご紹介したいと思います。

ただ、携帯電話を「『docomo au softbank』から『格安sim』に変えるのはメンドクサイ!」という人は、これから下は見なくて良いです。

だって、そんな人、絶対貯められませんから。「ずーっと、お金ないそんな発想で貯められるんなら、日本人全員大金持ちです。

スポンサードリンク

こうすれば100万円貯められる!簡単な3つの方法

・①生命保険は、全部解約。

私も35歳まで、生命保険に毎月2万2千円近く入っていました。「どうしてって?」死んだら家族が困るだろうから、入っていたんです。

でも、お金を勉強すると、日本は稼ぎ手が死んだときの遺族への補償は、かなり手厚い。ざっくりいうと月額10万円から15万円、遺族年金として入ってきます。残りの10万円くらいを妻が稼げばいいんです。

「残りの4分の1は、どうするの!」そんな時は、妻が少しだけ働けばいいんです。

さらに、住宅ローンを組んでいる人は、もっと得です。ほとんどの場合、団信という「死んだらローンは、0円」という契約を結んでいますから、住宅ローンの金額だけ、生命保険を契約しているのと同じ状態になります。

さらに、人間なかなか死にません。

公益財団法人生命保険文化センター ホームページより>

上の表は、どのくらい死ぬかのパーセントです。35歳男なんて、0.71%

1000人いて、7人。死因の内30%は自殺ですから、実際には1000人中、2人。

1000人中2人の確率に、毎月2万2千円は、馬鹿らしい。ですから、子供の大学進学費用と思い、毎月千円程度の掛け捨て保険に替えました。

これで、年間20~30万円は貯められますよ。

 

・1つのクレジットカードの引き落としを、1つの銀行口座。

これは、銀行口座の開設が必要かもしれません。商品を購入する際、クレジットカードを使わずに現金で使うのは、もったいない。小銭の管理もいらないし、履歴も残る、便利なクレジットカードなのに使わない人は、貯まりません。

もう1つは使い分けです。

クレジットカードを多く持っている方!私は、1つのカードにつき、1つの銀行口座を結び付けることを、おすすめします。合計で3枚(※使用する可能性の多いベスト3のクレジットカード)

夫婦両会計用(共有資産)、自分自身専用(おこずかい)、公共料金・保険用。この3つで普段生活をすると、何のためにに使っているかすぐわかります。

多数のクレジットカードを利用して、1つの口座だと何に使ったかが、分かりにくくなります。入っている金額も分かるので、使いすぎません。

1つのクレジットカードに、1つの銀行口座を実践すると、使うときに毎回考えるようになり、無駄も減ります。(※もちろんプリペイドカードでも可能)

 

・③浮いたお金を、全てNISAで積み立て投資。

最後です。浮いたお金を全額投資に回すことです。今の時代、現金を持ち続けること自体がリスクになります。なぜなら、外国との比較になると日本の円は少しずつ価値が減っていっているんです。「利子は増えても、価値は下がる」プラスマイナスゼロ(もしくは、あまりの利子の低さにマイナスです。)

現金が減ることを防ぐためには、どうしても株式などに変えておく必要があるんです。さらに銀行の利子に比べ、株式の利子のほうが大きいですから。

もうひとつ、「貯金脳が、投資脳になります」見る目が変わるんです。どのように変わるかは、次の章でご紹介します。

スポンサードリンク

投資が良い影響を与えます。

・通帳を眺めるより楽しい。

まず、通帳を見てにやにやしている人。現金より投資信託や株のほうが大きく成長しますよ。

短い期間では、マイナスになるかもしれません。10年、20年続けていたら過去の実績から言えば、必ず成果が出ます

年に2回の利子を見るより、毎月出る分配金やぐんぐん成長する企業を見た方が楽しいですよ。

 

・1回の外食、1回の飲み会が、1株単位に変わる。

投資をしていくと、株数が増えるのが楽しくなります。そうすると、だんだん魔法にかかります。

それは、「金額が株数に変わるという魔法」です。

1度外食に行くと、「今回行かなかったら、この投資信託を買える」「5回我慢したら、優待付きの、株が買える」「飲み会を1度断れば、【PFF】が買える」など、とにかく株数に変換する脳になります。

そうすれば、100万円なんてすぐそこです。

まとめ

100万円ためるのは、難しいことではありません。食費を我慢したり、水道を節約したり、節約をする必要はあまりありません。

「無駄で大きな出費を抑え、浮いたお金を投資に回す。」これだけです。

貯まれば貯まるほど、どんどんお金は増えます。

無駄になっている大きな出費、ここをめんどくさがらず改善していき、投資に回してお金を貯めていきましょう。

私も、1000万円目指して頑張ります。

ABOUT ME
エフピーティー
株式投資を勉強している37歳、男です。積み立て投資と子供たちへの投資教育を実践中!