クレジットカード

【ラインペイからの撤退】プリペイドカードの残額を簡単に0円にする方法

お疲れ様です、エフピーティーです。

LINE Pay(以下;ラインペイ)って一体何だったのでしょう?

使うことわずか8ヶ月。

2%還元につられ、夫婦ともに色々なものを購入させていただきました。

しかし、2018年5月31日をもって、ラインペイともお別れ。

2% → 0.5%になるという、非常な通告。これで、ラインペイとは、さようならです。

綺麗さっぱりと行きたいところですが、残金が251円あります。

どうしても使い切りたい。そこでみつけたある方法。それは、「アマゾンギフト券を買う」というテクニックです。

今回は、プリペイドカードの残金をすっきり0円にする方法について、見て行きたいと思います。

スポンサードリンク

残金は、amazonギフト券。

・15円から1円単位で使えます。

アマゾンギフト券は、15円以上であればプリペイドカードやクレジットカードからチャージ(購入)することができます。それも1円単位。

アマゾンギフト券のページ

<アマゾンギフト券のホームページより>

チャージタイプを選べば、チャージする金額を打ち込むことになります。

<同上>

あとは金額を入力し、ラインペイのプリペイドカード番号を入力すれば、残金をギフト券に変えることができます。

これほど簡単な手順で残額を0円にできるのですから、泣く泣くあきらめる必要はなくなりそうです。

・Amazonなら使い道には、困らない。

「アマゾンのポイントになる」=「現金と同質」となります。アマゾンで買い物をする人は、3000万人以上いますから、使い道に困るということもなくなります。

自分の場合、プリペイドカードの端数をうまい棒で消化しようと考えていました(笑)

さらに、アマゾンポイントの私なりの使い方。それは、

「端数切り」として使うです。

アマゾンは、1000円ポッキリなどは、多くありません。

1987円などと買うときに、87円だけポイントを使い、1900円で買い物をします。

キリの良い金額にすることで、使った額を覚えやすくなり、さらにポイント獲得の無駄を省く
ことができるんです。

ポイント大好き人間にとっては、とても大事なことです。

スポンサードリンク

プリペイドカードとの付き合い方。

・今までのプリペイドカード

CMなどで、プリペイドカードの利用を一般的に広げたau walletカード。始まった当初は、じぶん銀行からのチャージで5%が付き、カード使用する事で0.5%が付くという大盤振る舞い。約5〜6%の還元率がありました。(今では、わずか0.5%)

そして、ラインペイカード。常時2%という高還元率を誇っていましたが、2018年5月をもって終了。

2つを代表として、どのプリペイドカードにおいても、「顧客を増やす、顧客を囲い込む戦略で、一時的なキャンペーン」であることは、間違いありません。

やはり、常時2%以上を維持していくことは、難しいようです。

 

・これからのプリペイドカード

ラインペイ改悪のブログを書いた際、新たな情報源として「Kyash(キャッシュ)」の情報をいただきました。

ラインペイと入れ替わるように、次は「Kyash」でしょうか?

<kyash ホームページより>

今、Kyashを申し込んでいる途中ですが、短期間で2%をやめてしまったら、作る意味がありません。

出来るだけ長く2%が継続されるように、Kyashのプリペイドカードが、今までのプリペイドカードのような、客寄せ短期間のみ高還元率プリペードカードにならないことを心から祈るばかりです。

 

・プリペイドカードって解約する必要あるのだろうか?

残額が0円のプリペイドカードに意味はありません。使うこともできなければ、悪用されることもない。

ただ、カードの持ちすぎで管理ができないのは嫌なんです。でも解約もめんどくさい。

プリペイドカードは、1年間使用がなかったら失効するようなシステムになると、もっと簡単に作るんですけどね。

誰か作ってくれないかなぁ。

まとめ

クレジットカードと違って、どうしても長い付き合いにならないプリペイドカード。

クレジットカードを超える還元率を出し続ければ、日本の現金主義を変え、キャッシュレス社会が浸透していくと思っています。

クレジットカードにはない安心感もプリペイドカードのメリットです。チャージした額以上使うことはできないし、不正利用の額も限定的

防犯上の問題少ないのに、なかなか浸透していないのですから、まだまだ開拓の余地はあります。

ただ利用者にとってみると、利用者が少ないうちが還元率が高く、利用者が増えると還元率が下がるという逃れられないジレンマがあります。

しっかりとアンテナを立て、早く情報を入手する必要がありそうですね。

ABOUT ME
エフピーティー
株式投資を勉強している37歳、男です。積み立て投資と子供たちへの投資教育を実践中!