クレジットカード

nanacoで自動車税・軽自動車税を払う方は、注意!

お疲れ様です、エフピーティーです。

そろそろ、自動車の税金を払う時期。はぁ、嫌ですね。でも日本では払わないと、厳重に罰せられる訳で。なんとかしたいですね。

税金を、そのまま現金で払いたくない。

この気持ち、わかってもらえますか?

自動車税・軽自動車税を

現金でそのまま、払いたくないんです。

もったいなく感じてしまうんです。

 

最近は、クレジットカードで払えることも増え、

どうにかして1円でも得を増やしたい。

 

5月近辺になると、いつも安く納める方法を

考えてしまうんです。

①自動車税、軽自動車税の税額。

自動車税・軽自動車税の金額は、こちら。

・乗用車

 

・エコカー減税適応車

 

・軽自動車

<自動車税.infoホームページより>

どれも、高い。

我が家の場合、九州の片田舎のため

妻と私で2台必要。

総額で、4万円近くになってしまいそう。

 

この金額を少しでも削減したい。

考えるなら、クレジット払いでしょう。

クレジットで払い、ポイントを得る。

それが、一番の方法です。

 

②ほとんどのクレジットカードは、微妙

ほとんどのクレジットカードは、

自動車税、軽自動車税を払うことができます。

しかし、

決済手数料がかかる。それも

324円(税込)

※一部異なる県もあります。しかし、概ね300円近辺。

 

楽天カードなどの還元率1%で払っても、

4万円であれば、たったの400ポイント

76円のお得。

(しかし、現金がポイントになっているので、少々複雑な心境)

大きくお得になる訳でもなく、

現金をポイントに変える、もったいなさ。

 

ですから、直接クレジットカードでの支払いは、

お勧めできません。

③唯一の希望だった、nanaco+リクルートカード

クレジットカードがダメなら、次は電子マネー。

そこで編み出されたのが、

リクルートカードでnanacoにチャージ

 

nanacoでの支払いに、ポイントはたまりません。

その分、

リクルートカードから、nanacoにチャージ分がたまります。

 

我が家の支払額、40000円をチャージすると、

40000円1.2%=480円

480円お得になってたんです。

 

ところが、突然の悲報が・・・

<リクルートカードホームページより>

電子マネーへの、チャージポイントは30000円まで!!

という、改悪です。

今まで、480ポイントもらえていたのが、

360ポイントに減額。

 

くやしいです。

 

しかし、クレジットカードで直接払うよりは

まだ300円近くお得です。

改悪されたとはいえ、まだまだ、

使う余地がありそうです。

まとめ

LINEペイのクレジットカード改悪に続き、

リクルートカードも改悪。

楽天カードも、通常カードのSPU(スーパーポイントアップ)をー1倍。さらに年会費が必要なゴールドカードへの誘導

 

まぁ、楽天の思惑通りゴールドカード作りましたが、何か?

 

2018年に入り、高還元率を誇るクレジットカードの

改悪が続いています。

 

この流れは、今になって始まったことではありません。

しかし、少しでも節約したい人にとっては

つらい日々が続きそうです。

 

なんか、強烈なポイントのカード、出てこないかな?

お待ちしてま〜す。

ABOUT ME
エフピーティー
株式投資を勉強している37歳、男です。積み立て投資と子供たちへの投資教育を実践中!