クレジットカード

LINE PAYカードの改悪。次は、どのカードにすべきか?

お疲れ様です、エフピーティーです。

ふー、昨日から新入りさんも入り、こちらも緊張する日々ですね。子供達も、地区の子供会の行事など、新入生を迎える準備。次女は、幼稚園の年長になり、「着替えのお手伝いをする!」と、鼻息荒く話しています。自分の着替えもままならないのに・・・、頑張ってもらいましょう。

スポンサードリンク


やはり2%は短期間だった

LINE PAY カードを使われている方、もう文章は見ましたか?「驚き!」それとも「やっぱり?」でしょうか。私は、「やっぱりなぁ〜」というところが本音ですね。

今までのLINE Pay カードを作るまでの経緯は、こちら。

[blogcard url=”http://fp-teacher.net/2017/12/28/post-1010/”]

 

今まで順調に使い続けていたんですが、このメール

 

いつかは、来ると思っていたのですが、年度末でした。

2%の還元は、大盤振る舞いすぎる

ということでしょう。残念です。詳しい内容は、

背景を見ると、

カードを発行せずにスマホのみの利用

に変えたいという意思が見え隠れします。カード使用者にとっては、不利な局面を迎えるでしょうね。

次の発表が待たれます。

今後の展開は?

あくまで予想ですので、信じすぎないようにお願いします。

おそらく、

抱き合わせ

「このサービスを利用したら、還元率アップ」

「この商品を月一回購入したら、還元率アップ」

「コンビニ等で、バーコード決済を利用したら」

投資でつなげると、

「LINE証券の口座を開設したら・・・」

「LINEのAIスピーカーを購入したら・・・」

など、LINEの商売圏をさらに取り込む制度になっていきそうです。

コード支払いでの還元率が2%ならば、コード支払いが普及していかせる必要がありそうです。

まずは、コンビニあたりで普及していきそうです。

次の本命は?

やはり、1.2%還元のリクルートカードでしょうか?

1%の還元であれば、楽天カードを筆頭に様々なカードが存在します。

その中で1.2%はまだまだ、需要があります。

nanacoへのチャージにもポイントが付きますので、

軽自動車税や自動車税のnanaco支払い

も使えます。

その点からも、この時期からのおススメのカードということができるでしょう。

他にも高還元率のカードがあれば、これからもご紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

ABOUT ME
エフピーティー
株式投資を勉強している37歳、男です。積み立て投資と子供たちへの投資教育を実践中!