おすすめの商品

楽天ゴールドカードに切り替えを考えている方、必見。いくら使えば元がとれるのか?

お疲れ様です、エフピーティーです。

プリキュアの映画に行ってきました。光るミラクルライトを振って、敵をやっつけました。光るライト、長女と2女は、もらって大張り切り。大人にはもらえないので、やむなく手を振って応援をしました。お父さんも欲しかったです、ミラクルライト。

スポンサードリンク


楽天のえげつない商売。

楽天のSPU(スーパーポイントアップ)が、少々変化をしています。常時12倍が最大ですが、それはもったいない。

<楽天ホームページより>

比較的取りやすいものは、

・楽天カード(+2倍)

・市場アプリ(+1倍)

・楽天ブックス(+1倍)

この辺りでしょうか。

合計で、通常1倍+4倍=5倍が取りやすい倍率だと思います。

・トラベル・モバイル・ブランドアベニュー・TVなどは、人を選びます。

そこで私は2倍を増やすべく、楽天ゴールドカード作ることにしました。

元を取るには?

では、一体楽天でどのくらい買えば元を取ることができるのでしょう?それの解決は、下

<楽天ホームページより>

100円で2ポイント上乗せですね。

2160ポイント上乗せできれば、元が取れます。

結論は、

10万8000円

ですね。月に直せば、月9000円。結構ハードルが高い。

しかしそこで大切なのは、ふるさと納税です。

ふるさと納税は、平均的な日本人の年収だと4万円から7万円の幅だと思います。この部分も使えるので、実際はもっとハードルが低い。

ふるさと納税が4万円と仮定しても

(10万8000円ー4万円)÷12ヶ月=5667円

月に6000円使えば、元が取れます。

これなら可能ですね。ですから、自分自身で10万8000円を越えるか、実証していきたいと思います。

普通の楽天カードとの違い

とにかく必要なのは

ポイント+2倍

それ以外のメリットはそれほど多くありません。国内空港のラウンジ無料などは、国内線の飛行機によく乗る方には、メリットがあるでしょう。

「私みたいな、旅行で年1回」という人には、メリットに感じられません。

それ以外は、ほとんど通常の楽天カードと変わりません。(旅行保険の金額なんて、どうでもいい!)

とにかく、ポイントで元が取れることが大前提です。

加入時のメリット

忘れてはいけないのが、加入時のメリット。年会費がもったいないというあなた!

これは、自分もゴールドカードに切り替えてみて分かったんですが、いろいろキャンペーンがあります。

<楽天e-naviホームページより>

3つを合わせると、

1500+500(mastercard)+500(Edy)=2500ポイント

年会費以上のポイントをゲットできるので、1年間お試しでするのもあり。

この点もゴールドカードに切り替えるハードルを下げるのではないかと思います。

スポンサードリンク

ABOUT ME
エフピーティー
株式投資を勉強している37歳、男です。積み立て投資と子供たちへの投資教育を実践中!