クレジットカード

現金主義の人、必見!キャッスレスの方が、お金がたまりやすいんですって!

お疲れ様です、エフピーティーです。

先日、長女とショッピングモールに行った話。クレーンゲームが長女の目に留まり、「どうしてもしたい!」らしい。ちょうど1回無料券を2枚持っていたのでしてみたところ、2戦2勝。トミカの宅配車とぬいぐるみをゲット!長女の腕に驚き、どうしてそんなに上手なのかを聞いてみると、「YouTubeで見て、勉強した!」とのこと・・・やはりこれからの勉強は、動画サイトだと実感。と同時に隔世の感。もう時代は、YouTubeに学ぶ時代なんですね。

スポンサードリンク


この話は、本当か?

今日は、気になる記事について

[blogcard url=”http://www.global.jcb/ja/press/00000000162614.html”]

JCB「キャッシュレスとデビットカード利用意向に関する実態調査2018」

という内容。見れば見るほど、

「当然!」というか「ちょっと、無理があるのでは?」と思うようになってしまったのです。

先日、スーパーでの話。

あるスーパーで買い物をしていた時、前に並んでいる50代のおじさんとその友達の話

「ここの《スーパーA》の酒のツマミより、《スーパーB》の方が2円安かったよ」

「じゃあ小さな額だけど、《スーパーB》がいいなぁ。今から向こうで買ってくるわ」

それだけの話。でも、その2円本当に安いのか?

《スーパーA》は、302円

《スーパーB》は、300円

単純に比較すれば《スーパーB》の方が、安い。

でも《スーパーA》ポイントカードがあり100円につき1ポイント(1円)がつく。

 

そうなると

《スーパーA》は、302円ー3ポイント=299円

《スーパーB》は、300円

結果として、《スーパーA》の方が、1円安い。

このおじさん達、ポイントカードがめんどくさくて作っていない様子。

自分としては、これを見ていてなんとも不思議な感覚になったのであります。

※購入品の金額はわかりやすく、金額を変えています。

因果関係と相関関係。

<JCBホームページより>

JCBの調査結果では、

「キャッスレス派」→「貯蓄ができる」

という構図で、

JCBカードを使って、お金を貯めよう!

と言いたいのが分かります。

しかし、本当にそうなんでしょうか?

これって、

「キャッスレス派」だから「貯蓄ができる」(因果関係)

ではなく

「キャッスレス派」だし「貯蓄ができる」でもある。(相関関係)

ということでしょう?

ただ単に、キャッシュレスの方が、ポイント還元がある。

つまりはあのおじさん達は、メンドくささで1円を捨てているんですよね。

つまりは、

お金に対する意識の差

これだけです。

結局は、1円。

現金だろうが、電子マネーだろうが、デビッドカードだろうが、クレジットカードだろうが、

手段は、関係ない。

1円、1ポイントを大切に考えている

その人が、うまくお金を貯めているだけなのであって、

決して

「キャッスレス派」だから「貯蓄ができる」訳ではない!

そのことを、この記事を読んだ人は理解できているのだろうか?

 

これからの時代、貯金だけでは決してすまない時代。

大人も子供も

お金に対する意識を高める必要がある

と実感した記事でした。

 

最後に1つ

デビットカードを普及させるなら、

ポイント還元率をクレジットカードより、高くする

そうすれば、すぐ変わると思う。

国産ブランドJCB、応援しています!

スポンサードリンク

ABOUT ME
エフピーティー
株式投資を勉強している39歳、男です。積み立て投資と子供たちへの投資教育を実践中!