クレジットカード

『paypay』にチャージするだけで、1500円をGETしました。

Pocket
LINEで送る

お疲れ様です、エフピーティーです。

キャッシュレス社会を推進したい日本政府ですが、日本人は、現金大好き国民。少しずつしか進みません。中国のように、アリペイがゴリ押しで普及するのとは違い、日本では、LINEPay(ラインペイ)、kyash、など、いろいろな会社がサービスを発表しています。

その中で、今回は、yahooが主導するキャッシュレス決済サービス『paypay(ペイペイ)』です。そのペイペイが、簡単に1500円をプレゼントするというキャンペーンを行うというので、アプリをダウンロードしてみました。

今回は、ペイペイのメリットとデメリットをご紹介します。

 

補足!

5000円チャージで1000円プレゼントは、2018年12月3日でキャンペーンを終了しています。

ペイペイのメリット

ペイペイのメリット

その①:キャンペーンが大盤振る舞い

その②:導入までの設定が簡単

その③:使い方が簡単

キャンペーンが大盤振る舞い!!

ラインペイなどが先行してることもあり、後発組のペイペイは、巻き返しを図る必要があります。キャンペーンの内容は、以下の4つ。

キャンペーン内容

・アプリ導入で、500円プレゼント

・5000円チャージで、1000円プレゼント

・購入額の20%キャッシュバック

・40人に1人、全額キャッシュバック

かなりの大盤振る舞い感があります。

 <ペイペイホームページより>

消費者にとってはありがたい限りであり、使わない手はありません。

導入までの設定が簡単

ペイペイ、導入まで名前を入力したり、生年月日を入力したり、時間がかかるのかと思ったんですが、そうではありませんでした。yahooIDを持っている場合は、IDとパスワードを入力するだけで、完了。1分もかからずに、500円をゲットできました。

<ペイペイ アプリより>

yahooIDとパスワードを入力して、出てきた画面がこちら。

<ペイペイ アプリより>

いきなり、500円ゲットです。導入してすぐでした。ありがたや、ありがたや。おいしく使わせていただきます。

チャージも実際にしてみました。yahooクレジットカードをカメラで撮影して、5000円分をチャージ。すると、

<ペイペイ アプリより>

チャージがすぐに完了しました。そして、残高を確認すると、

<ペイペイ アプリより>

ペイペイの金額のことをペイペイライトと呼ぶそうです。導入して、チャージするだけで、1500円もいただきました。こんなにもらってよいのでしょうか?

あとは、使うだけです。

使い方が簡単

このペイペイ、とても使い方が簡単です。

<ペイペイホームページより>

ポイントは、「QRコードが、お店にあるか?ないか?」です。

「アプリを開き、お店のQRコードを読み取る」「アプリを開き、自分のバーコードを見せる。」のどちらかになります。これだけですから、レジで何度もスマホを操作して、待たせる心配がありません。

ペイペイのデメリット

ペイペイのデメリット

その①:使える店舗が少なすぎる。

その②:見切り発車感がありすぎる、、、

その③:名前を言いたくない。

使える店舗が少なすぎる。

せっかくもらった1500円ですが、使える店舗が気になります。

<ペイペイホームページより>

今のところ、これだけ!!えぇ~残念ですが、私の周りに使える店舗が見当たりません。(育児休業中には、居酒屋は使う機会がないのです。)

近日対応店舗を見てみると、

<ペイペイホームページより>

ファミリーマートはありますが、メインはローソンですから、わざわざファミリーマートに行く必要がありそうです。

さらに近々、家電量販店、ドラッグストアなどで使えるらしいですが、対応するまでは、使われずに眠ることになりそうです。

見切り発車感がありすぎる、、、

どうしてもサービスを始めたいために、見切り発車な感じがどうもしてしまいます。対応店舗も少ないすぎます。下のようなきゃんぺーんについても、

<ペイペイホームページより>

20%キャッシュバックキャンペーン(上限5万円分)が始まるのが、12月4日からです。さらに、40人に1人全額キャッシュバックも同様です。

導入していきなり使えるのではなく、ちょっと待ってから使うって、変じゃないですか?このあたりも、微妙な感じがしてしまいます。

名前を言いたくない

「ぺいぺいで!」って言いたいですか?私は、言いたくありません。「楽天ペイで!」とローソンで言うときも、ちょっと恥ずかしいんです。

「ぺい!」って言うこと自体が、なんか恥ずかしくないですか?それを2回も、、、もっとクールな名前は無いんですかね?(どうも「ペイ」にはしっくりきません。)

スポンサードリンク

まとめ

「どうしてでしょう?」ペイペイって、名前が良くないですよね。どうも中国っぽい。(アリペイに引きずられているのか、分かりませんが、、、)

最初の大盤振る舞いでのポイント還元は、ありがたいですが、問題は、これから。

「あまりにも使える店舗が少なすぎる。」今のところ、ファミリーマートでしか普段使いできません。

これから、対応できる店舗をどんどん増やし、いつでもペイペイが使える店舗を増やしていかない限り、

まずは、全てのコンビニで使えるとか、スーパーで使えるレベルまで、対応させてほしいですね。

私みたいに、1500円に釣られて導入する人も多いので、「今後も普段使いで継続できるか?」が重要ですし、キャッシュレス経済が活性化させる大きなカギになりそうです。

Pocket
LINEで送る

ABOUT ME
エフピーティー
株式投資を勉強している37歳、男です。積み立て投資と子供たちへの投資教育を実践中!