クレジットカード

【還元率】ローソンのクレジットカード(pontaプラス)は、作るべきか?

お疲れ様です、エフピーティーです。

消費税増税の話よりも、政府のポイント還元が気になる私。

そんな中で、ローソンが発行するクレジットカード『ローソン ponta プラス』の還元率を最大6%にするという発表がありました。

今回は、「還元率6%の仕組み」と、「ローソンのクレジットカードを作るべきか?」を考えていきたいと思います。

スポンサードリンク

還元率6%の仕組み

クレジットカードの還元率の仕組みを見ると、

<ローソン ホームページより>

簡単に言えば、

「カードの使用額が少ない場合は、100円につき2ポイント

「カードの使用額が多い場合は、100円につき4ポイント

このようになるわけです。それが、10月から2ポイント分上乗せされ、

「カードの使用額が少ない場合は、100円につき4ポイント

「カードの使用額が多い場合は、100円につき6ポイント

と変更になります。

6%の還元と言うのは、どの決済方法還元よりも多く、お得度が高くなります。

「kyash」「PayPay」「LINE Pay」「楽天ペイ」のどれもが、キャンペーンのないときには、還元率は3%ですから、より多くの還元率を得ることができます。

しかし、これはあくまでローソンでのお買い物に限った話。

ローソン以外の還元率を見てみましょう。

スポンサードリンク

ローソン以外で使う場合の還元率

ローソンでの利用は、少なくても4%ということが分かりました。

それでは「ローソン以外での利用は、どうなるのでしょう?」

クレジットカードですから、どこでも使うことができます。その時の還元率は、こちら

<ローソン ホームページより>

えぇ、、、ローソン以外では、200円につき1ポイント(還元率0.5%)

「ありゃりゃ!?」という感じです。

ローソンで高い還元率を誇っていても、ローソン以外では全くの無力ぶり!

これであれば、「kyash(2%)」+「楽天カード(1%)」で3%還元にした方が、メリットがあります。

全く持って、役立たずのカードです。

まとめ

ローソンでの利用に6%と言うのは、かなり魅力的です。

しかし、他の決済サービスでも3%還元が常態化していますし、簡単に4%を手に入れることができます。

さらに、「ローソン以外の利用は200円につき、1ポイント(還元率0.5%)」と言うのは、少なすぎます。

さらにコンビニを多用すること自体、お金を貯めることができない訳ですから、6%還元であっても、無理に行く必要はありません。

結論:「ローソン ponta プラス」クレジットカードは、作る必要なし!!!

「1日1プッシュ」が、励みになります!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(30代)へ
にほんブログ村

ABOUT ME
エフピーティー
株式投資を勉強している39歳、男です。積み立て投資と子供たちへの投資教育を実践中!