おすすめの商品

【パスポートも取れた!】イヤイヤ期の3歳児と証明写真を撮る方法

Pocket
LINEで送る

お疲れ様です、エフピーティーです。

皆さんは、子供の証明写真を撮るときどうしてますか?私も今回取る機会があったのですが、3歳児に大苦戦。今回は証明写真のお話。

実は今年の夏、家族でクルーズ船の旅を計画しているんです。リッチと思うかもしれませんが、子供無料という言葉に魅力を感じ、大人2人分で6人の家族旅行ができると思うと結構割安になるのです。

大家族で良かった~!と感じるところですが、なんと外国籍の船のため、パスポートがいるのです。

パスポート代金だけでも、5万6000千円と痛い出費ですが、これから行くこともあると思い、家族分のパスポートを作りました。

しかし、一番大変だったのは写真撮影、、、5人はうまくいったのですが、三歳児の長男だけ、上手くいきませんでした。

そこで今回は、写真撮影を嫌がるイヤイヤ期真っ最中の3歳児(男)の、証明写真を楽に取る方法をご紹介したいと思います。

私の場合、一番難しいであろうパスポートの写真をこの方法で撮ることができました

スポンサードリンク

イヤイヤ期の証明写真

取るだけで大苦戦

3歳男児に、「証明写真を取るので、口を開けずに正面を見て!」なんて、できっこない、、、(我が家においてですが)

無理なんです、無理なんです、証明写真機に行っても、写真スタジオに行っても、何をしても取れないんです。

逃げるんです、変な顔するんです、ダメなんです。そこでおススメしたいのが、freeDPE証明写真を上手にとって、格安で印刷するサイトです。

<freeDPEホームページより>

「これって、町中にある証明写真機と何が違うの?」と思われる方が多いと思います。でもこれ、ものすごい魅力があるのです。

使い方

使い方は、いたって簡単。

使う手順

その① 写真をスマホで撮る

その② 撮った写真を【freeDPE】のサイトにアップロード(送る)

その③ 顔の大きさなど調節をする

その④ 番号を取得して、コンビニで印刷する

手順は、この4つだけです。特に『その③』が便利で、ガイド通りに合わせると、小難しいパスポートのサイトを簡単に作ることができます。

<freeDPEホームページより>

とても簡単でしょ!もちろん履歴書の写真などもとれます。

スポンサードリンク

freeDPEの魅力

とにかく安い

まず初めに『値段が安い』です。普通、証明写真機では500~1000円の所が一般的。写真スタジオに依頼すると、1000円~2000円と相場が上がってしまいます。

それが、この『freeDPE』、システム利用料が150円。写真印刷代が30円。の合わせて180円で取れてしまうんです。

我が家の場合、6人分ですから150円+30×6=330円で済んでしまいました。とても家計に優しい証明写真になります。

家で取れる安心感

最も重要なのは、【家で撮れる安心感】です。写真スタジオで撮ると、イヤイヤ期3歳児の撮影は、一苦労。大人が数人がかりでも、疲れ切ってしまいます。

それが、家で撮れるわけですから、ちょっとだけ落ち着いて取ることができるのです。それもスマホですから、子供たちも慣れています。

白い背景の所か、白いシーツの上で撮れば、撮ることができます。

 

撮った後は?

撮影した後、調整をすると番号が発行されます。もちろん出来た写真は自宅でも印刷できますが、どうしても画質は劣ってしまいます。

きれいな写真を印刷するにはコンビニ印刷がおススメです。

<freeDPEホームページより>

このような番号が出てくるので、後は番号を控えてコンビニに持っていくだけ。

プリンターに行き、「プリントサービス」⇒「ネットワークプリント」を選び、番号を入力すれば、印刷ができます。

<同上>

コンビニって、こんな印刷機能もあるんですね、、、コンビニのすごさ、改めて実感しました。

まとめると、、、

3つの特徴をまとめると、以下のようになります。

freeDPE 証明写真機 写真スタジオ
値段 安い 普通 高い
取りやすさ 簡単(スマホで撮影) 取りにくい 確実に撮ってもらえる
子供の感情 家なので安心 入るのが怖い 逃げる

このように、【freeDPE】は、大人が使っても安心ですが、子供の方が使い勝手が良いサイトになっています。

願書やパスポート、その他の証明写真が必要な方は、ぜひ使ってみてくださいね。

freeDPE

Pocket
LINEで送る

ABOUT ME
エフピーティー
株式投資を勉強している37歳、男です。積み立て投資と子供たちへの投資教育を実践中!