おすすめの商品

投資の銘柄を選ぶのも、わからないし、めんどくさい。そんな方ほどおススメの自動運用!

お疲れ様です、エフピーティーです。

投資の怖さを和らげるには?

ワンタップバイについては、今までの記事で分かったけど、

「自分で銘柄を決めるのが怖い!」

「迷って決めきれない」

「決めるのでさえもめんどくさい」

投資に対して恐怖心がぬぐいきれないのも

事実ではないかと。

 

特に投資を始めると、値動きが気になる人も多い。

そんな方こそ、

ワンタップバイではない、別の方法。

 

これは入金さえしてしまえば、本当の意味での

ほったらかし投資。

 

始めたら、したことを忘れ、数十年後に

大きな利益を生み出す機械

それが、

ウェルスナビ

今回は、そのウェルスナビについての紹介です。

①ロボアドバイザーという投資

ウェルスナビは、

ロボアドバイザー、フィンテック、AI、人工知能

と呼ばれる、時代の最先端!

「カッコいい!、スマート!、クール!」

でも何をするわけではなく、ただ単にお金を入金するだけ。

 

売ったり買ったりもなし。

ただ銀行に入金するだけなんですよね。

自分がしている作業が馬鹿らしく感じられます。

②自分で無料診断をしてみた

自分としてはライバルのウェルスナビ。

こうなったら、敵地潜入じゃぁ!

無料診断を受けてやる!

受けた結果が、こちら

<同上>

 

「VTI、VEA、VWO?」

これは、ほとんど同じやん!

なんじゃい、なんじゃい。それに

AGG(米国債券)

GLD(金)

IYR(米国リート)

 

完璧な世界分散投資!

文句のつけようがありません。

金額面でも素晴らしい

毎月1万円の投資で計画すると

<同上>

 

これは、気持ちがグラつきますね。

 

③手数料1%をどう見るか?

ウェルスナビ、最大の弱点。それが

手数料1%

1%ぐらい良いじゃん!

と思う方は、こちらの表をご覧ください。

<ウェルスナビホームページより>

これを見て、気づきました?

経費率 = 手数料

なんですが、

0.04〜0.44%と非常に安い。

それに、ウェルスナビの取り分を入れて、

1%になるんです。

 

もし、

「自分で米国のETFを買う。」

と考えるなら、自分で買った方が安い。

 

あくまで、

①「証券口座を自分で開く」

②「外国株式の購入方法を学ぶ」

③「円をドルに変えて、実際にETFを買う」

この流れ1つでもため息がでる人には、

超オススメです。

上に書いてあるETFは、どれもその分野においては、

1、2位を争う実力の持ち主。

1、2位の実力派ETFを集めたものばかりなので、

「ETFの宝石箱や〜」

「ETFのオールスター」

って感じです。

まとめ

自分は、口座開設も、外国株式も、ドルで購入にも

抵抗がないため、ウェルスナビを使っていません。

 

でも、

自分自身が時間をかけて購入したETFの集合体と

ウェルスナビが選んで購入したETF

どちらもほとんど同じなんです。

「あの、悩んで買った時間はなんだったのか?」

「初めから任せておけば良かったのではないか?」

と思わせる銘柄の構成。

 

さらに購入した後、ちょこっと調整(リバランス)までしてくれるありがたさ。

これで手数料1%だとしたら、

自分が今までしていたことが無駄な気がしてしまう。

うーん、悩みますね。

初めて投資をするなら、これでいいのかも。

 

 

ABOUT ME
エフピーティー
株式投資を勉強している37歳、男です。積み立て投資と子供たちへの投資教育を実践中!