ワンタップバイ

【悲報】『誰でもIPO』当選のソフトバンク株。結果は無残に敗北

お疲れ様です、エフピーティーです。

12月19日の昨日は、ソフトバンクのIPO(新規公開株)が行われました。タイミングが悪く、通信障害があったり、ファーウェイ排除の追加設備投資が必要だったりと、悪いニュースが重なりました。

そんな中での新規上場。ある意味お祭りなんですが、超逆風のお祭り。はたして結果は、いかに?

今回は、ワンタップバイの『誰でもIPO』で買ったソフトバンクの結果を見ていきたいと思います。

スポンサードリンク

ソフトバンク上場日の1日。

予約売却注文

私は今まで、IPOをゲットすると初値で売ることにしています。1日目は、お祭りで高くなり、2日目以降下落することがほとんどです。

たとえ2日目も上がったとしても、3日目以降の下落はすさまじいことが多いので、小心者の私は、1日目で安心したい気持ちなのです。

今回も前例に習って、初値で売却。この初値で売却が、結果として傷を浅く済ませることになりました。

結果は驚きの、なんと!

そして、初値は、、、1463円(マイナス37円)。1500円が、購入価格ですから、いきなりのマイナススタートです。

ざんね~ん。でも、規模、ニュース、当選した人のブログ、色々見て、「下落するのでは?」と予防線を張っていたのですが、見事に的中してしまいました。

ワンタップバイの取引明細書を見ると、

<ワンタップバイ PC版取引サイトより>

手数料も引かれ、マイナス1145円。

むなしい、むなしいです。あれだけ、当選を喜んでいた私は、一体何だったのでしょう。

<誰でもIPOアプリより>

今では、この当選画面を見ると少しマヌケに見えてきて、より腹が立ちます。おそらく上昇していたら、お守りのように大切にしていたでしょうが、今はすでにゴミ箱です。

予想を裏切こともある

予想を裏切る内容もありました。「初値が、下落」は予想できたのですが、ようそうできなかったこと、「それは、1日中下落」です。

チャートを見ると、

<ヤフーファイナンスより>

なんと終値1282円。218円も下落しているではないですか!これほど、1日を通してずるずる下落するのをあまり見たことがありません。

いかに無茶な上場だったかが、よくわかります。「初値で売っていて良かった!」と今更ながら思うことになるとは、予想ができません。

やはり、株式投資は予想が難しいですね。だからこそ、「何も考えない積み立て投資がやっぱり最高!」と改めて実感しました

スポンサードリンク

『誰でもIPO』の第1弾として

当たりやすいだろうとは、思っていたが、、、

以前の記事で、『誰でもIPO』を当たりやすくする裏技、【端数買い】の戦術を利用して、見事に当選した20株。

端数買いについては、下記のブログ参照

ワンタップバイ『誰でもIPO』で当選確率を上げる方法(推測です)お疲れ様です、エフピーティーです。 CMで一度は、見ました?ソフトバンクが上場するというニュース。以前このブログでも、ワンタップバ...

過去最大規模の上場なので、当たりやすいだろうとは思っていましたが、見事に【当選】、3万円を入金しました。

それなのに、マイナスです。激しく虚しさが漂ってきました。

アプリの出来は、突貫工事

損をしたので、文句を言わせてもらえば、ワンタップバイは多くの人に当選してもらう経験を与えるべく、ソフトバンクの上場に狙いを合わせたかのようなアプリの発表。

『誰でもIPO』だけだと、ソフトバンク株の売却もできません。日本株アプリでの売却が必要になるのです。

次回のIPOまでに、アプリもしっかりと準備をして『誰でもIPO』だけで完結するような仕組みを作ってほしいですね。

まとめ

今までのブログでも何度も何度も言っていますが、ワンタップバイの『誰でもIPO』が大切なのは、第2弾からです。たまたま、第1弾のソフトバンクが特殊だっただけで、本来は、可能性の高い投資であることに間違いはありません。

ある意味、ソフトバンクは誰でも当たり、そして夢を見た銘柄でした。くじの内容を楽しめるのは、『誰でもIPO』の第2弾です。

第2弾の開始が発表されたとき、すぐにお伝えしたいと思います。裏技『端数買い』で、しっかりとIPO祭りに参加しましょう!

ABOUT ME
エフピーティー
株式投資を勉強している39歳、男です。積み立て投資と子供たちへの投資教育を実践中!