ワンタップバイ

One Tap BUY(ワンタップバイ)の積立が、副業になる。(ワンタップバイ解体新書vol,2)

お疲れ様です、エフピーティーです。

「副業、副業!」って

テレビや雑誌、政府までもが、「副業、副業!」ってうるさい。

副業なんて、「大した技能も知識もない自分には無理!」って思っていません?

私も、2017年くらいからずっと思ってました。

「うっせぇ、俺は本業でしっかり稼ぐんだ」とも

 

今さら、副業と言われても困るんですけど・・・

が本音のような気がします。

スポンサードリンク

①収入の伏線化

日本には、約5460万人のサラリーマンがいます。(総務省統計局より)

その内、色々な調査で副業の経験がある人が20%。

つまり、

5人に1人は、副業をしているんです。

どう思いました?

私は、「そんなに多いの?」と正直驚きでした。

 

しかし、定義を見て納得。

副業とは、

「本業の収入以外になんらかの方法で収入を得る事」

なんです。

なんらかの方法で収入を得るであれば、

株・FX・メルカリでの売買・仮想通貨・不動産投資ほか、色々な物が入ってきますよね。

これまで入れると、副業の枠が広がります。

 

5人に4人の「副業していないサラリーマン」

だと思っていたのが、実は私、

5人に1人の「副業しているサラリーマン」

になっていたんです。

 

私も、流行の最先端、

副業している、イマドキのサラリーマン!

(やったぜ、かっこいいぜ!)

と思うのに、なぜか虚しさだけが漂います。

 

でもしょうがない、本業以外の収入があるんですもん。

分配金

と言う名の収入が。

②分配金は、立派な収入。

分配金って、

「会社が儲かった利益を株主に分配するお金」

だからこそ、分配金(配当)と言う名前が付いているんです。

もちろん、ワンタップバイでも分配金が出ます。

少ないですけど・・・

それでも、何もなく銀行に預金しているよりは、何倍もまし。

大手銀行だと、   7万円での利子0.7円。

ワンタップバイだと、7万円の配当 243円。

 

この差は、大きい。

あなたは、どちらを選びますか?

③投資への考え方を変えましょう。

中には、「いやいや、3000円以上マイナスでしょうが!」

と、ツッコミを入れたくなる気持ちもわかります。

 

でもそれって、

今、投資を辞めれば、マイナス3000円。

というだけで、続ける限りはマイナスではありません。

 

資産は減っていても、収入は減らない

状況になるんです。

この意味が分かれば、怖いものはない。

7万円であろうと、70万円、700万円に資産が増えれば、

収入は増えるばかり!

現状では資産が少ない金額ですが、収入は増えていってます。

資産が減ることにおびえず、収入を増やしていこう!

これって、まさに副業の考え方。

自分が働く副業ではなく、お金に働かせる副業

を考えてみては、いかがですか?

今、自分はそれを実践しています。

まとめ

「給料が思ったより増えないなぁ」

「副業って言ったって、何すればいいんだよ」

「1から勉強するのってめんどくせぇ」

 

こんな風に思っている方!

そうですよね。

自分だって新しく仕事を始めるのなんて、

嫌だしめんどくさい。

 

でも副業の定義に帰れば、

「給料以外の収入」を手に入れれば、いいんです。

 

自分がさらに働きたくないあなた!

お金に働かせて、副業にしてみませんか?

 

それこそ株式投資です。中でもお勧めが、

ワンタップバイでの米国株投資

 

※決して、アフィリエイトやワンタップバイの広報担当者ではありません。

 

 

「どうして日本株ではないのか?」って、

それは、また次回。

スポンサードリンク

<次回は、日本株と米国株>

ABOUT ME
エフピーティー
株式投資を勉強している37歳、男です。積み立て投資と子供たちへの投資教育を実践中!