ワンタップバイ

【アプリだけで、満足ですか?】ワンタップバイは、パソコン用取引サイトもあるんですよ。

お疲れ様です、エフピーティーです。

米国株での個別株取引は、One Tap BUY(以下;ワンタップバイ )。

米国ETFの取引は、SBI証券と分けて使っているエフピーティーです。

ワンタップバイ をされている方は、日々の様子をどうやって確認していますか?「アプリだけ」という方も多いのではないか、と思います。

しかし、そこはワンタップバイ。ぜひアプリだけでなく、PC版のサイトを見て欲しいんです。

ワンタップバイのPC版のホームページを見ると、アプリとは違った面白さや、見やすさがあるのでおすすめします。

<ワンタップバイ ホームページより>

ワンタップバイのホームページ、右上にありますので、クリックすると「会員IDとパスワード」を入力することで、入れます。

PC版のサイトを見るようになって以来、アプリよりもサイトをよく見るようになってしまいました。

今日は、ワンタップバイ のPC版サイトについてご紹介します。

スポンサードリンク

「アプリだけ」は、もったいない。

・一覧での変化が見やすい。

ワンタップバイのアプリには無く、PC版サイトだけにある機能が、こちらです。

<ワンタップバイ PC版サイトより>

保有している銘柄の前日比が、一目で分かります。

アプリの場合は、下にスクロールをして確認する必要がありますが、PC版では一目でわかります。

赤色が上昇、青色が下降。「今日は、5勝5敗」などと直感で把握できます。

この機能は、アプリにはないのでとても便利です。

 

・円グラフが見やすい

アプリで口座の全体見ると見にくいと感じてしまいます。アプリ版の全体の円グラフは、このような感じ。

<ワンタップバイ アプリより>

ちょっと、見にくいんですよね。

どの銘柄なのか全部確認できませんし、下にスクロールしないとGE(ゼネラルエレクトリック)なんて最後まで出てきません。

しかしPC版は、少し違います。

<ワンタップバイ PCサイトより>

どうです?アプリより、見やすくないですか?

手で下に押し下げることなく、一発で全体を把握できます

どちらで見ても、GEは1番下ですがね。

スポンサードリンク

個別銘柄を見てみると・・・

・個別株概要の比較。

個別株の概況は、ほとんど同じです。アプリ版とPC版を並べると、

<ワンタップバイ アプリより>

それに対して、PC版は、

<ワンタップバイ PC版サイトより>

表示されている情報は同じですが、色使いや配置では、アプリの方が見やすいですね。

全部が全部、サイト版の方が良いとは言えないようです。

 

・チャートはアプリの方が、見やすい。

ひとつ残念なのは、個別株のチャートです。アプリであれば、買い付けの場所もわかるようなチャート。

<ワンタップバイ アプリより>

しかし、PC版サイトだと、

<ワンタップバイ PC版サイトより>

月表示もなく、シンプルな内容。これでは、アプリの方が見やすい。

PCの方が画面も大きいので、チャートなどはもっと見やすくなって欲しいです。

 

・その他の比較

一覧表やチャート意外にも、

<ワンタップバイ PC版サイトより>

購入していない銘柄を一覧でまとめていたり、

<ワンタップバイ PC版サイトより>

サポートコンテンツをアプリのようなアイコン形式で表示していたりと、アプリベースの考え方で作られており、工夫がなされています。

まとめ

 保有銘柄の一覧表示は、とても見やすい。

その他にも円グラフなど、PC版サイトにはいろいろな所に見やすさの工夫がされていました。

手軽さでは、アプリで確認することには勝てません。しかし、ワンタップバイ投資の全体像を把握するには、PC版サイトが向いていると言えます。

サッと全体把握に向いていますので、ぜひ口座をお持ちの方は、一度ご確認してみては、いかがでしょうか?

 

ABOUT ME
エフピーティー
株式投資を勉強している37歳、男です。積み立て投資と子供たちへの投資教育を実践中!