ワンタップバイ

【ワンタップバイで失敗購入】「簡単に買える」は、「簡単にミスをする」と言うことでした。

お疲れ様です、エフピーティです。

毎月1000円×10銘柄の購入を続けて、9ヶ月目。6月は、いよいよ大台の10万円に到達です。

しかし、4月の購入を見てショック!なんと大失敗をしていました。

気づいたのは、5月のある日。なんと、今まで貯めていた分配金269円が無くなっているんです。269円がどこかに消えているんです。

「一体269円はどこに行ったのか?」名探偵のように探すと、大きな失敗に気づいたんです。決して無くなったわけではなく、間違えて269円分買ってしまっていたんです。ワンタップバイではどうすることもできない、1000円以下の金額の使い道について考えさせられる良い機会になりました。

今回は、簡単かつ使いやすいワンタップバイの少額の取り扱いについて、話をしていきたいと思います。

スポンサードリンク

失敗は、朝方の眠気とともに

・モンデリーズの購入は最後。

今回の問題は、モンデリーズ。モンデリーズは、自分が購入する最後の銘柄です。1000円を1銘柄ずつ買っていくと、最後にモンデリーズに行きつきます。

普段通りに購入すれば、配当金の269円は使いません。しかし、その時はあまり深く考えず購入。

<ワンタップバイアプリより>

「全額買付に変更する」ボタンを押してしまったんです。そうすると、1000円ではなく、配当金の269円も含めた1269円の購入になるんです。

今までの7回、しっかり「変更しない」を選んでいたんですが、今回は寝ぼけていたんでしょう。「変更する」を押してしまったんです。

結果、1269円の購入。買ったときは全く気づきません。ある日アプリを見て驚きます。

「あれ?配当金がない・・・」と、こうなっていたんです。

 

・モンデリーズだけ

モンデリーズだけ、投資金額が異なっています。例えば、9銘柄の代表として、コカ・コーラを出すと

<同上>

しっかり、9000円になっています。ところが、モンデリーズは、

<同上>

9269円になっています。なんとも悲しい。なんとも辛い。ワンタップを間違えただけに、このように事態になってしまいました。

簡単が故の、自分の不注意。

・これは、几帳面と言うのだろうか?

「せっかく1000円ずつ買っていたのが、モンデリーズだけが違う。」なんとも気持ちが悪いんです。

皆さんは、そんな時気持ち悪いと思います?

私は、どうも気になるんです。このくらい気にしなければいいんでしょうが、どうも気になるんです。グラフを見ると、もっと悲しくなります。

<同上>

「4月の自分、バカヤロウ」と言ってやりたい。

5月は、買付失敗を思い出し、モンデリーズだけゆっくり購入をしました。

 

・金額をそろえるための売買は、いかがなものか・・・

「269円を取り戻したい」全額を売って、再度購入し直すことも考えましたが、手数料がもったいない。こんな時、あきらめた方がいいんでしょうか?

悩みますね。

ワンタップバイは、米国株としては手数料が高い方です。

金額をそろえる為だけの売買・・・考えただけでも、悲しくなります。

まとめ

ワンタップバイは、簡単に購入ができる分、簡単に間違うことができます。今回は、簡単に間違うことを実感しました。

大きな額ではないので我慢すればいいんでしょうが、なんとも気持ちが悪い。

例えるなら、「本棚の本が一冊だけずれている」という感じです。

手数料と気持ち悪さ、両方を天秤にかけ、毎日見守っています。一度の失敗で見るたびにため息をつく。

簡単に買えるゆえに、簡単に失敗。皆様もお気を付けください。

スポンサードリンク

ABOUT ME
エフピーティー
株式投資を勉強している39歳、男です。積み立て投資と子供たちへの投資教育を実践中!