ワンタップバイ

【毎月1万円、米国株投資生活】高配当株に投資すると「1ヶ月間で、どのくらいの配当が貰えるのか?」大公開。

お疲れ様です、エフピーティです。

運動会前に、長女、次女、3男の

総合練習(リハーサル)見学に毎日のように行き、

暑さと蚊に戦っています。

 

「台風の影響で、お弁当をがどうなるか?」

心配されますが、「無事に週末開催できるといいなぁ」と

思っております。

 

今回は、One Tap BUY(以下:ワンタップバイ)の

「ワンタップバイ、1ヶ月1万円で1年間投資すると、1か月でどれくらい配当を得られるのか?」

公開したいと思います。

 

なぜか、私のサイト、ワンタップバイを記事にすると、

ページを見に来ていただける人が最も多いという

データが出ているんです。

やはり、ワンタップバイ、みんなが気になっているということでしょうか?

「このぐらい利益が出るんだ~」と言う気持ちで、ご覧ください。

スポンサードリンク

レッツ、配当生活。

・1ヶ月で、4回の配当収入。

米国株は、基本3ヶ月に1度の配当が出ます。

配当金の決定から、配布まで1ヶ月程度かかるため、

9月分の配当は、8月に決定したものです。

 

それでは、見ていきましょう。

まずは、IBM

【IBM】

 

【エクソンモービル】

 

【マイクロソフト】

 

【マクドナルド】

<ワンタップバイ 国外上場株式等配当金等のお知らせより>

このようになります。

9月12日に【IBM】、【エクソンモービル】

9月15日に【マイクロソフト】

9月20日に【マクドナルド】

から、配当をいただいています。

 

こうやって見ると、世界中の人が知っている有名企業ばかり。

その企業の株主であることに、ちょっと嬉しくなります。

 

・総合計は、いかに??

配当額を、税金ごとに比較して表にまとめると、

(※全て円換算のため、誤差等があります)

配当額 米国 源泉所得 日本 源泉徴収 受け取り金額
【IBM】 113円 10円 20円 83円
【エクソンモービル】 112円 10円 20円 82円
【マイクロソフト】  51円  5円  8円 38円
【マクドナルド】  74円  7円 13円 54円

 

9月配当金合計額、257円

このようにみると、いかに税金が大きいかが分かりますね。

このうち、米国の源泉徴収は、外国税額控除で大部分が返ってきます。

 

まず倒産そうの無い企業から、毎月のお金。

この金額が大きくなると、うれしくなります。

スポンサードリンク

米国と日本の配当の違い

・回数の違い

日本の配当と米国の配当、回数には大きな違いがあります。

 

 日本株 → 1年に1回、または2回

 米国株 → 1年に4回

 

日本は、1年に1回、ドバっと出す感じです。

米国は、定期収入のように少しずつ出す感じです。

 

そのため、もらえる機会がものすごく多い。

私は、ワンタップバイで9銘柄から配当を得ていますから、

4回×9銘柄=36回

1年間で、36回も配当を得ています。

1ヶ月では、約3回平均になりますね。

今月は、4回でしたから、多い方と言えます。

 

トランプ大統領は、1年に4回の決算が多すぎるので減らしたいみたいですが、

これはまだ、口先だけなので今後は分かりません。

 

・税金の違い

明細を見ると分かりますが、米国株の場合、

税金が2回かかります。

 

1回目 → 米国の源泉徴収税(配当の10%)、

2回目 → 日本の源泉徴収税(配当の20%)

日本、高ぃぃぃぃ!

 

配当が100円とすると、

100×0.9=90円(米国で10円)

90×0.8=72円(日本で18円)

100円に対して、28円も税金が引かれることになります。

つまり、取り分は配当額の72%になってしまいます。

 

実際には、確定申告をすると、

米国の配当分は、2重課税で戻ってくるのですが、

それはまた、どこか別の機会にお話しします。

 

まとめ

日本の税金だけでなく米国の税金も支払うので、もったいない

と思われた方。

その考え方も一理あります。

 

しかし、

日本の会社は配当ををすぐに減らしたり、

0円(無配)にしたりします。

 

米国株の場合は、減配、無配の可能性が極めて低い。

安定的に配当が得られるため、

米国株の方が配当生活をしやすいと言えます。

 

日本は、

『株で稼ぐ』=『楽して儲ける』=『悪』という風潮が

今でもあります。

 

『汗水たらして、少ない利益』=『美徳』の考え方が、多い。

この考え方が、ブラック労働や長時間労働を生んでいる

根源の1つではないか?と、

配当を貰うようになってから、考えるようになりました。

 

「楽して儲けて、何が悪い?」

今なら、そう思います。

ABOUT ME
エフピーティー
株式投資を勉強している37歳、男です。積み立て投資と子供たちへの投資教育を実践中!