ワンタップバイ

ワンタップバイCFDで大損失発生!こんな時こそ取るべき行動とは?

お疲れ様です、エフピーティーです。

11月の第3週に入り、米国株が大きく下落しています。

困った君
困った君
「米国株が大きく下げてしまって、含み損が大きくなってしまった。投資って怖い!もう辞めようかなぁ、こんなに下落したときにはどうしたら良いのだろう、、、」

日本株もそうですが、米国株の調子も11月に入り良くありません。含み損を抱えている人も多いのではないでしょうか?

本記事の内容

ワンタップバイCFDの結果【怖ろしやぁ~】

ワンタップバイ米国株の買い増し【下げた時こそ!】

ワンタップバイ日本株は、ダメなのか?

ドルコスト平均法と積み立て投資

こんな大きな口をたたいている私ですが、ワンタップバイは『米国株』・『CFD』どちらも損失を出しています。それなのに私は落ち着いています。「どうして落ち着いていられるのか?」ワンタップバイの結果を見つつ、今後の対応策を考えていきたいと思います。

スポンサードリンク

ワンタップバイCFDの結果

最初は、勝っていた、、、

始めた当初は、日経平均のCFDで利益を出していたんです。「俺って、投資が上手なんじゃない?」と思いました。しかし、その後S&P500で損失を出してしまいます。

それから数ヶ月、毎月買っていますが、今では悲しい値を記録しています。ドーン

<ワンタップバイアプリより>

これほどまでに損失が大きく、悲しくなるし、見るのが辛くなります。でも、「あきらめたらそこで試合終了ですよ!」とスラムダンクの名言が心に響きます。

やはり、短期での勝負は難しいし、自分には向いていない。どこかの線で帰還することも考え、溜息をつきつつ見ています。

大きな損失を出した、、、さぁ、どうする?

大きな損失を出したのは、事実です。しかり、そこからが考えなければいけません。「株式投資を辞める」も、一つの選択肢。傷が浅いうちに辞めるのも素晴らしい選択です。

しかし、一度は清水の舞台から飛び降りて始めた投資です。辞めてしまうのはもったいない。ぜひ、減額をしても良いので続けていってもらいたいというところが本音です。

かく言う私も、米国株の不調により、どの証券会社も含み損や損失を抱えているような状況。しかし、まだ余力が尽きた訳でもないですし、悲観もしていません。

ということで、悲観からの買い増しです。「損が出ている時こそ、買うワクワクを楽しもう!」これ、結構テンション上がるんでおススメですよ。欲しかった株、買っちゃいましょう。

私は、ワンタップバイを買い増ししました。

スポンサードリンク

ワンタップバイ米国株の買い増し

買い増しをしたよ!!

今週に入り、ワンタップバイの10銘柄を買い増ししました。「こんなに株価が下落しているときに?」と感じる方も多いと思いますが、私が変人なのか『今こそ、バーゲンセール』と思って、買い増しをしています。

ていうか、定期的に20~25日の積み立て期間が来たというだけなんですけどね。

<ワンタップバイアプリより>

1000円×10銘柄です。よくよく見ると、1株以上買えているのは【GE:ゼネラルエレクトリック】だけなんですね。アマゾンに至っては、0.00588株購入。これっていつになったら1株になるのか、なんとも寂しい株価ですね。

そこで思いました、Amazonって、毎回何株買えているのか興味がわいてきました。

合計で、0.09661株。まだアマゾン株を0.1株も買ってない、、、むなしい、むなしすぎます。早く0.1株に到達したいし、1株持ってみたいですね(笑)

含み損は、つらいよ。

アマゾン以外でも、株価の下落が大きく総資産にも響いています。

純粋な配当だけで買った、「相場が上がったら3倍儲かる」なんて約10%の下落。全体で含み損も発生してしまっています。

含み損が発生すると、気持ち的につらくなります。今年は、日本株で投資をしている人も含み損を抱えている人が多いのではないでしょうか。しかし、ここが投資としての踏ん張りどころ。

『含み損』 ⇒ 「損をしてつらい」「辞めようかなぁ」ではなく、

『含み損』 ⇒ 「いぜんより、バーゲンセールで買える!」

この感覚を持ち合わせることが重要です。日本では、このような買い方を難平買い(ナンピン買い)といって推奨していませんが、それは、近いうちに売る時に限っての話。

売る気持ちが無ければ、いつでも難平買いをしてよいのです。難平買いこそ、安く買えるうれしいときに変わります。『含み損』も見方を変えると、とてもありがたいものになります。

ワンタップバイ日本株は、ダメなのか?

日産を買いたい方へ

実は、ワンタップバイの日本株にも日産自動車は含まれています。ニュース、ブログやツイッターなどで話題なのは、『日産自動車の利回りが6%台になったので、買いでは?』という内容です。

確かに、現状の株価と配当金を比較すると、

<日産自動車ホームページより>

配当金57円に対して、株価954円。利回り5.97%(11月21日終値計算)

6%に近付いているのも事実です。しかしよく考えて、そしてグラフを見てください。

「次の社長が日本人になった場合、この配当維持すると思う?」私が社長だったら、「高額配当問題に鑑み、配当等も見直します!!」と、ここぞとばかりに言って、減配もしくは無配にしますよ。

配当利回り0%もありえますよ。そんな株、絶対買わん!配当の罠に騙されないようにしましょう。

ドルコスト平均法と積み立て投資

『含み損』⇒『バーゲンセール』の発想は、短期的には意味がありません。長い期間で見なければ、「本当にバーゲンセールなのか?」分からないためです。そのためによく使われるのが、ドルコスト平均法。少しでも、投資をかじったことがある人は、ご存知なはず。

<新潟信用金庫ホームページより>

『高いときに少なく買って、安いときに多く買ったほうが、利益が大きい』という投資手法です。ただ投資に慣れてきた人にとっては、評判が悪い。

「それはなぜか?」平均点狙いの投資だからです。

何年もかけて自分のタイミングで投資をしてきた人にとって、何も考えず積み立て投資を行った人に負けてしまうのです。それも、株価でも手数料でも負けるというダブルパンチ。

『株式投資=ギャンブル』という考え方の人にとって、平均点はあり得ません。「アタリか?、ハズレか?」「勝つか?、負けるか?」の、どちらしかないのです。

参加者全員が勝てるのに、「ただ時間がかかる」「楽しくない」という理由でお金を減らしたくないですよね。

ぜひ、『投資=ギャンブル』という発想から抜け出し、資産をしっかり作っていきましょう。

あとは、前に進む一歩の勇気。少しの損なら、1食我慢すれば、取り返せますよ(笑)1食を我慢しないためにも、手数料が安い証券会社を選ぶのも大切です。

無料で資料請求!多くの証券会社と、タイアップ中。期間限定でキャッシュバックもあります。検討中の方はこちらからどうぞ!

>>No.1ネット証券ではじめよう!株デビューするならSBI証券

>>少額取引で手数料最安!ワンタップバイ

>>楽天ポイントを使って、損を出さない投資!楽天証券

>>無料で資料請求、マネックス証券

 

ABOUT ME
エフピーティー
株式投資を勉強している37歳、男です。積み立て投資と子供たちへの投資教育を実践中!